但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 秋野菜 育苗 | トップページ | 伊智神社 鳥居撤去 »

2010年9月 4日 (土)

豊岡市 市民環境大学

平成15年度から、市民が身近な環境問題について学び、交流
する場として市民環境大学が開催されていて、今年度初めて
受講しました。
平成22年度 市民環境大学 「H22tirasi.doc」をダウンロード
Scn_0001_3   P1020434_2
今日は第2回目で、講師は但東町出身の関西大学文学部
教授 森 隆雄さん。
「私たちが直面している環境問題を考える原点を、もっとも
身近な空間である住まいに求める」として、古来からの住ま
い「縁」や「軒下」に見られる「あいまいさ」の役割から自然と
の「折り合う心」を中心に話されました。
家の間取りに、「住まいは肥料工場」として、大小便はもとよ
り生活排水までも肥料として活用する仕組みがあり、間取り
もそれを考えていて、無駄のない生活だったことが理解でき
ます。
他に住まいの中に様々な神を受け容れ、外界とのけじめと
してきた日本人お知恵など。

まとめとして、住む食べるは人間生活の基本であり、住まい
も人も自然の一部であること。
過去に戻ることはできないが、自然と折り合い譲り合う心を
持つことが大切で、共生を考える上で伝統的民家はそのお
手本であることを強調されました。
受講者は中高年が多く、物や自然を大切にした昔の暮らし
と、コストや効率・利便性重視の最近の暮らしの双方を知る
ものとして関心の高さがうかがわれ、、我々の世代の役割
が小さくないことがわかります。 
 

« 秋野菜 育苗 | トップページ | 伊智神社 鳥居撤去 »

環境・まちづくり」カテゴリの記事

コメント

そういえば小学校4年生まで暮らした家は
そうでした。
すぐ後ろに畑。
トイレは汲み取り。
こたつは掘りごたつの炭、練炭。
お風呂は薪でした。
今では一変しましたが…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋野菜 育苗 | トップページ | 伊智神社 鳥居撤去 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ