但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 庭の草花  9月編 | トップページ | 鎌祝い 亥の子 »

2010年9月12日 (日)

三開山 202m

円錐形の見目のよいことから但馬富士と呼ばれている三開
(みひらき)山は円山川の東側に広がる六方田圃にあります。
山頂には南北朝期初期山名時氏(但馬山名の祖)が拠って但
馬守護と称した三開山城の跡が残っています。
登山道は駄坂・木内・大篠岡・三宅と4箇所有りますが、北の
大篠岡ルート(約40分)を選びました。
但馬富士:三開山           案内看板
P1020515 P1020454
竹林や雑木林をのんびり進むと石仏があったり、山頂付近に
竪堀曲輪跡が見られます。
竪堀跡                 山頂付近の曲輪跡
P1020468 P1020505
頂上には3等三角点があり広場となっていて、東から北から
西に至るまで周囲の山並みや豊岡盆地・六方平野が見渡
せます。
西:日高・蘇武岳・妙見方向    北西:豊岡市街地・矢次山
P1020475 P1020477
北:城崎・日本海・来日岳       東:下宮・祥雲寺方向
P1020478 P1020479
南東:法沢山・高竜寺岳       南:西床尾・東床尾山
P1020503 P1020502
三開山城看板             3等三角点
P1020482 P1020494  
三開山城跡(みひらきやまじょうせき、豊岡市駄坂)
豊岡盆地中央部東縁の三開山(標高201.6m)にある。
三開山は、見開山とも書かれたように、眺望の良い立
地で、豊岡盆地を制する戦略的位置を占める。
山頂部に二曲輪(くるわ)、尾根にも数曲輪を残す。
一部に野面積みの石垣があり、南北両斜面に18本の堅
堀を刻むなど、戦国時代の特徴を表すことから、時代
的には1580年(天正8年)、羽柴勢の但馬攻めの時に落
城したという地元の伝承を史実として肯定的に見直すこ
ととなった。
1337年(建武4年)、新田義貞の子・義宗を迎えて、但
馬南朝勢力の拠点化を図ったと伝えるが、史実ではな
い。頂上には落城時の焦米(こげまい)が出るという。
(但馬事典より)


下りは西方向駄坂へ降り、駐車場のある大篠岡まで歩き
で戻るコースでしたが、以前歴史講演会で、三開山山頂
から四方を見ると当時の武将の気持ちが分
かると言われ
ましたが、
低山ながらも山城とてし隣国からの攻撃に備え
るよい位置にあることがわかります。

城に石垣を用いたのは戦国時代からだそうで、何度か補
強されたのでしょう。
但馬は南北朝を経て、室町期に山名氏が大きな力を持ち
戦国時代には西から毛利、東・南から織田・豊臣の圧力を
受け、尼子の残党も加わって戦乱に明け暮れます。
天正5年と8年の秀吉(秀長)の侵攻で、三開山城も但馬の
諸城はことごとく落ち、次いで因幡攻めが始まります。
そんな歴史を勉強させてくれたよい山でした。
 

« 庭の草花  9月編 | トップページ | 鎌祝い 亥の子 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

僕の出身の神美小学校(旧三宅小学校)の校歌は、「三開のみね いや高く 姿はきよし 但馬富士 強き力を 仰ぎつつ 学びの道に いそしまん」と始まります。
良い山に登られました。
次は、剣蛇ヶ岳(別名白雲山)をお奨めします。
ネットで情報はすぐに出てきます。
こうのとり公園の奧の法花寺から整備された登山道があります。
展望は抜群です。
僕が小学生の頃は登山の対象ではなく、道もなく、うちの家の奧の谷をたどり、藪をこいでやっとの思いで登りました。
神美村の最も高い場所だったのです。

金ちゃんへ
剣蛇ヶ岳(別名白雲山)、承りました。
この週末念願の槍ヶ岳にチャレンジします。

きれいな眺めですね。歴史的に見てもかなりの重要拠点だったんですね。但馬は京都から近いせいもあり実は結構史実がある国ですね。

えぇ~三開山に登られましたかぁ!!
近くですので寄っていただければよかったですね。
地元の人でも子供の頃登った覚えがある程度で中々・・・
以前、円山川近くから写真を取りましたが、綺麗な形をした山で~母なる山という感じです。↓
http://d.hatena.ne.jp/tirorinmura/searchdiary?word=%B9%BB%B2%CE
京都の金さんは旧三宅小学校の卒業生のようですが・・・知っている方かも知れませんね。

チロリン村村長さん
金ちゃんは市場の出身で、長男ながら家を出ていて、私の2歳年下です。
ということは学年は違っても小中で一緒になっているでしょうね。本名には金や長男の印がついています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の草花  9月編 | トップページ | 鎌祝い 亥の子 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ