但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

干天の慈雨?

昨日夕方近くに豊岡市・新温泉町・養父市に大雨警報が出る
程の雨が降りました。
庭も畑も乾ききっていたので、確かに恵みの雨にはなりました
が、この時期の強雨は稲の倒伏をもたらします。
P1020408 案の定我が家の田圃の稲がお辞
儀しています。
刈り取りまでまだ二週間あるのに
このままではどうなることやら。
太平洋高気圧の勢力が強く、猛暑
の今年、そこそこの雨は夕立か台
風でしか得られないのは辛いです。

2010年8月30日 (月)

e-tax 審査請求 裁決が出ました

6月に降りるはずだった裁決が国税不服審判所から送られて
きました。
裁決書の 表紙 ↓
Epson_0276_1_3
結果は「棄却」と「却下」でした。
国税庁お勧めのe-taxシステムを使った確定申告が結果と
して申告が遅れたことによる延滞税と加算税合計12,000円
を不当として、豊岡税務署長に異議申立(却下)、その後大
阪国税不服審判所に審査請求していました。
今年の1月、二日にわたって3人の調査官が来訪され、聴取
も受け何度かの電話のやりとりをしました。
請求してちょうど1年、裁決が遅れたのは「e-taxシステム」で
の審査請求が過去になかったことも理由のようでした。

ともかく最初の処分に納得できなかったので、豊岡税務署に 
対する「異議申立」、大阪国税不服審判所に対して「審査請
求」という納税者の権利を行使させてもらいました。

裁決の中味は16ページに及ぶものでしたが、結局納税者と
税務当局との立場・感覚の差は埋まりませんでした。
おまけに審判官は国税庁の出身で、異動などの交流がある
そうです。
処分を下した側が審査に加わるのは、公平さを欠く恐れが
あることは言うまでもありません。
最後の一手として「国を被告とする原処分の取り消しを求め
る訴え」(裁判)がありますが、その気はなく一年4ヶ月に及ぶ
e-tax騒動はこれで幕引きとします。

「何のこと?」と興味をお持ちの方は、ブログ上部右側の「
イト内検索
」に e-tax と入れて検索してもらえば昨年4月か
らのバトルを伝える記事が10程度出てきます。
お暇な方はどうぞ!
 

2010年8月27日 (金)

公民館建設時期決定

府市場区の公民館は築後50数年を経過し、コミュニティ拠点としても
防災拠点としても建て替えが求められていました。
公民館正面              裏面から
P1020392 P1020390_2 
数年前から「建設準備委員会」を中心に検討を始め、資金の積立も
行われてきました。
事前にクリアする必要があった、府市場区を法人格のある「地縁団
体」として認可を受ける作業や区所有の土地でありながら共有名義
となっている土地の所有権の移転作業など、関係者の努力で着実
に進んでいました。
 
今晩の臨時総会で①公民館建設時期も含めた工程表の承認②建
設委員会の設置と委員の選出が提案され、承認されました。
これから工程表に基づいて設計・施工管理業者の選定から始まり
仕様の検討・確定、施工業者の入札・選定を経て、来年の6月から
建設が始まり、12月初めには竣工の予定です。
積立だけでは不足するので、金融機関からの借り入れも必要です
が、これも有利な条件を出したところに決める「コンペ方式」を採用
することになります。

2010年8月26日 (木)

月は西に日は東に

連日猛暑日が続きますが、昨日の雨で明け方は涼しくなって、
思わずタオルケットをかぶってしまいました。
兵庫北部で8月1日から25日まで35度以上の猛暑日を記録した
のは、07年13日、08年9日、09年1日、今年は18日間なので、こ
の暑さはやはり特別ですね。

蕪村の夕暮れの句とは逆で、明け方ハルと散歩に出かけた途
中の眺めです。
満月に近い月が西の空に沈んでいき、東からは夏の太陽が昇
ってきます。
西の空                 東の空
P1020349 P1020374
この後、いただいた秋キュウリの苗8本と初夏から育てておい
たセロリ苗25本を定植しました。
 

2010年8月24日 (火)

首切り地蔵

昨夜は地蔵盆であちこちでお祭りされているお地蔵さんを見
かけました。
府市場区内にある6箇所のお地蔵様の中で、変わった名のお
地蔵様があります。
高生(たこう)平野の真ん中あたり、圃場整理によって農道が
付け替えられたことで、田んぼの中にぽつんと残った形になり
ましたが、その名も「首切り地蔵」といい、今でも数人の世話人
でお祭りされています。
P1020275  P1020273
由来は、近くにある水上代官所における罪人の処刑場だった
いう説と近隣の村が水争いをしたとき、相手の首を切って殺し
たことから名がついたとも言われています。
P1020274  P1020271
「高生たんぼのお地蔵様(首切地蔵)昭和三十年頃の耕地整理
の時、少し西に移転したが其の堂のいたみもはげしく、昭和五十
六年國眼一蔵氏の発案で改築する事となった。
竹垣敏一、戸田庄市、菅村順一、尾藤清一、戸田繁治郎、菅村
与一等相はかり手辺国府市場はもとより、土居部落まで寄付を
お願い申し上げ沢山の寄付金を頂載仕り大同開発のご協力を
得て基礎工事等完了。
大工は手辺の戸田繁一氏にたのみ、瓦工事は土井の宮本保男
氏協力を頂き、お地蔵様も但馬石材より一体新しいのを頂いて
ここに昭和五十六年度の改築工事は完了。
その後は各世話人が年毎交替で地蔵盆のお祭りをする事にする」
(菅村与一氏のお話)


場所柄お参りに訪れる人もあまり有りませんが、この近くには「
たたり田」(三角田)と呼ばれ、耕作する者に不幸が起きるといわ
れ、いつまでも空いている土地もあります。
 

2010年8月22日 (日)

長谷万燈まつり

21日土曜開催の「長谷万燈まつり」に参加してきました。
すでに公民館前広場には、各種バザーやイス・テープルが
セットされていて、万燈行事終了後に村を挙げての懇親会
準備が整えられています。

いただいた資料によると万燈まつりの由来は、近隣村との
江戸時代初期からの山争いにあり、その時長谷村有利の
証言をして、殴殺された隣村の黒兵衛の霊を供養すること
で始まったとあります。
万燈の由来  「yurai.pdf」をダウンロード
その万燈山山頂付近で行われていたのが、里におりて今
では村内の農道で行われるようになりました。
松明確保が難しく一時期灯油を使ったこともあるそうですが
やはり本物の松明(たいまつ)は値打ちがあります。

万燈まつり準備の様子は「チロリン村の日記」 ↓
http://d.hatena.ne.jp/tirorinmura/20090822/p2
http://d.hatena.ne.jp/tirorinmura/20090822/p3

8時前になると太鼓を合図に、道沿って立てられた「ちらし」
(竹の先端の松明を挟んだもの)120本に点火されます。
点火準備              一斉に点火
P1020171_2 P1020169
120本の「ちらし」に点火、水路に映えて幻想的な雰囲気です
P1020182 P1020183
「ちらし」に点火した後、子供達が火がついた「振り台」(細か
く割った松明をまととめ蔓などでくくりつけたもの)を勇壮に振
りながら皆が待つ公民館に向かって進みます。
振り台                子供達が主役
P1020152 P1020207
長谷万燈 振り台

昔の少年によるお手本
P1020216 P1020212_2 

この時期但馬では、関宮の万燈の火祭り、温泉町の火祭り、
出石や竹田、日高町広井地区などあちこちに害虫駆除・五穀
豊穣を願う火祭りが行われますが、山争いの犠牲者の慰霊が
由来なものは珍しいでしょう。
今では考えられませんが、山は建築材は勿論のこと燃料の薪
や刈敷肥料・牧草など村人の生活には欠かせない財産でした。
P1020231 P1020233
50戸弱のこぢんまりとした村ですが、伝統行事の伝承を通じ
て、皆が一つにまとまりさらに交流を深める光景には感動さ
せられました。
お世話になったHご夫妻、両Mさん、S区長さん、いい勉強を
させて頂きありがとうございました。
 

2010年8月21日 (土)

第43回文教府夏季大学

文教府夏季大学に参加してきました。
日本で第一線で活躍している文化人を招いての講演会で
すが、今年で43回を数えます。

講師は、漫画家・大阪芸大教授の里中満智子氏と作家で
日本ペンクラブ会長阿刀田高氏のお二人で、猛暑の中多
数の聴講がありました。
どちらも話し上手で思わず引き込まれてしまい、船を漕ぐ
ような暇はありませんでした。
Scn_0001_2 P1020116_2
里中氏のテーマは「万葉ロマン~恋のかたちと日本人の心」
飛鳥・奈良時代の大陸との緊張関係の中、歴史の編纂や律
令制度など国家としての形を整えていった時、純粋の歌とテ
ーマでまとめられた万葉集の歌を題材にされました。
この歌集には身分や男女の差別もない平等で民主的な形で
豊かで細やかな言葉で綴られていて、線引きをしない「ゆるさ」
がおもしろく、漢字など異国のものを取り込んで、カナやかなを
に変えて使う幅の広さも特徴とされていました。
 
阿刀田氏のテーマは「楽しい読書、すてきな日本語」。
子供の頃の親の本棚から落語全集や時代小説を読み、言葉
や日本人の心や古典を学び、兄弟との「言葉遊び」で漢字や
語彙を学んだことなど。
「知識を得るためとか人格を高めるためとか考えずに、気楽に
興味があるものを読めばよい」
「本は高いとは思わないが、買わなくとも図書館を利用したり
人に借りればよい」

大事なことは、「いつでもどこででも本が読める環境をつくる」
こと、特に学校や地域に図書館を充実させること。
それも人(司書職員)→本→建物の順に整備が必要である。
音のすくない日本語は「洒落」や「回文」など豊かで多様性を
持つ世界でも類のない文化であり、大切に育てていく必要が
ある。
とくに子供が生まれ言葉を知ることによって知識をもち、コミュ
ニケーションの中で、自己を形成していくことの意味を強調さ
れてました。

第1回 を調べてみると、昭和43年8月24日~25日の2日間に
渡って、場所は豊岡高校和魂ホール、講師は6人で司馬遼
太郎・犬養道子、長州一二、高坂正堯氏などそうそうたる顔
ぶれでした。
主催は県立但馬文教府・但馬自治会・但馬ふるさとづくり
協会・但馬文化協会です。
ノーベル賞受賞者や学者・人気作家・芸術家・ジャーナリス
トの講演がライブで体験できるのは、一流の文化に接にす
る機会が少ない地方にとって、今後も是非続けてもらいた
い企画です。

2010年8月19日 (木)

許可更新 派遣元責任者講習

「労働者派遣」には自社の雇用する労働者を派遣する「特定
派遣業」と派遣契約の都度雇用する「一般派遣業」の2つが
あります。
平成元年の創業は「特定派遣」で始まりましたが、経営上リ
スキーなのと、顧客とスタッフの要望に応じきれないので、
14年に登録制の「一般派遣業」に切り替えました。
その後更新を経て今度2回目の更新時期が来ました。
派遣需要の増大にともなって、業者が一気に増えたことと
08年からの不況で一気に派遣が問題化したことで、許可
更新基準が厳しくなりました。
●資産要件
・基準資産額 1,000万円   →   2,000万円
(現預金      800万円    →  1,500万円)
●「派遣元責任者」の要件
派遣業務の責任を持つ「派遣元責任者」の要件
が、雇用管理経験が3年以上、3年以内の講習受講や派
遣労働者の雇用保険・社会保険の加入状況の報告など
が加わりました。
いろいろなトラブルを考えると当然の改正で、あまりにも
低いハードルでモラルを欠いたが業者が乱立したのも問
題の一因といえます。
6Fが会場             テキストとレジュメ
P1020111_2 P1020114_2
姫路商工会議所での一日講習です。
私と実務担当の2人が受講しました。
最近のトラブルや問題事例なども報告され、緊張感を持っ
た講習でした。
 

2010年8月18日 (水)

校庭の芝生化 8月の生育報告

6月中旬にポット苗を植えてから、2ヶ月が経ちました。
心配された猛暑ですが、こまめな水やりも行われ、ご覧の
ようにすっかり緑が広がりました。

これなら9月中旬の小学校運動会に間に合いそうです。
その後地区行事として、ふれあい運動会やナイター設備を
使ってのソフトボール大会が予定されています。
 

2010年8月17日 (火)

チロリン村 万燈まつり 

豊岡市チロリン村から「万燈まつり」のお誘いを受けました。
この時期但馬では、関宮の万燈の火祭り、温泉町の火祭り、
出石や竹田などあちこちに害虫駆除・五穀豊穣を願う火祭り
があります。
通常は24日が多いのですが、ここチロリン村は地区を挙げ
てのお祭りにするため土曜日(今年は21日)の開催です。
 
 チロリン村(豊岡市長谷)の場所

区民向けチラシ           出身者に里帰りを呼びかけ            
100821_3 Epson_0273_1_7
昔行われていて、途絶えていた行事ですが、中年世代
を中心に村全体のお祭りとして復活したと聞きます。

「夜7時50分、太鼓を合図に120本の"松明"に一斉に点
火。ジリジリッと松脂(マツヤニ)が焼ける音と松明独特の香り
を発しながら黒煙を上げて赤々と燃える・・・・」
「点火後は、24名の若者で振り台に点火し、公民館前広
場までの約300メートルを振りながら帰る。」
(ブログ「チロリン村」の日記より)


昨年の昨年8月の「万燈まつり」の様子は ↓
http://d.hatena.ne.jp/tirorinmura/20090822/p1

事前に山から松を切り出し細かく割って、120本のチラ
シ(たいまつ)と10数本の振り台を作るなど大変な作業
が行われます。
<万灯祭り準備>
http://d.hatena.ne.jp/tirorinmura/20090822/p2
http://d.hatena.ne.jp/tirorinmura/20090822/p3

本物の松明(たいまつ・トーチ)を使った火祭りは本格的
で、火勢・音・匂いで幻想的な雰囲気が醸し出されると
いいます。
夜にはコミュニティFMで、S区長さんが祭りの紹介と参
加を呼びかけていらっしゃいました。
2年程でしたがこの村でお世話になったこともあり、今年
は夫婦で参加させて頂くつもりです。
 

2010年8月15日 (日)

お盆 お墓参り

8月13日~15日のお盆は、「祖先の霊を迎え、送る」一大イベ
ントです。
私の地区では精霊棚(盆棚)は造りませんが、蓮の葉に季節
の野菜や果物・団子などを供える家は残っています。
盆踊りはいくつかの地区で行われていますが、送り火・精霊
流しの行事は行われていません。

我が家のお盆は、13日の日中にお花をお供えし、灯篭の準
備と線香立てを用意します。
門徒である我が家には施餓鬼という考えはなく、食べ物はお
供えしませんが、父の好物の缶ビールと母がよく飲んだオロ
ナミンCをお供えします。
石塔の数は33基もあって、その一つ一つにお花と線香立て
を準備するのは大変な作業です。
父が亡くなったとき先祖代々墓を建立したのですが、その後
も個々にお供えしています。
役人だった叔父と教員をしていた伯父の2人が日中戦争で、
13年・14年と戦死し、相次いで立派なお墓が建てられていま
す。
子供の頃はそれが誇らしくもありましたが、長じて親や家族
の悲しみはいかばかりだったかと思いやる心と、戦争に対
する憎しみの気持ちが、反戦意識を育みました。
我が家の墓地          戦死の2基
P1020059 P1020060
府市場区は共有墓地を持っていて、区内のほとんどのお墓
が集中しています。
耕地をなにより重視し、山腹や高台にお墓があるケースが多
いのですが、ここは駐車場つきバリアフリーの一等地です。
13日の夜にはお墓参りが始まり、あたりに灯明がともり幽玄
の雰囲気の中、帰省した家族に「お帰り」「久しぶり」「元気に
してる?」などの声が交わされます。
区民同士は「よい盆になりまして」が一般的でしたが、最近は
「こん晩は」が多くなりました。

次の14日は朝と夜にお墓参りをするのですが、翌15日は朝
はお参りせずに、夜だけお参りをします。
以前古老に尋ねたところ、「15日の朝は仏様がみんな善光寺
にお参りされ留守になるから」とのことでした。
昔はお弁当にと仏様のために小豆入りの握りを暗いうちに
お供えしたこともあったとか。
お墓参りの時期や回数には、地方によってそれぞれ違いがあ
りますが、なぜ善光寺さんなのか答えはありませんでした。

娘達の家族や兄弟家族が揃って賑やかだったお盆も、15日
夜は、我が夫婦とハルの3人で締めのお参りをするのが、通
例になりました。

2010年8月12日 (木)

映画 劔岳

先週土曜日に地上波で「劔岳 点の記」を放映していました。
2009年製作の映画が、1年後に上映されることに、驚きを感
じます。
すでに7月にDVD化されていましたが、話題作を早めに誰も
が見られるテレビで流すことは時代の要請でしょうか?
これでは映画館の営業が成り立つのか心配ですが、映画収
入にしめる興行収入の割合が低くなってきているのでしょう。

それにしても何度見てもおもしろく感動的な映画でした。
劔岳そのものは鎖場や鉄ハシゴなどルート整備がなされ、
今では一般の登山者も多く、この映画以降さらに人気だと
聞きます。
去年の 伊佐屋三木 「映画 劔岳 点の記」 ↓
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-679b.html

この映画に関する「蘊蓄」を書いています。
機会をつくって登ってみたい山です。

2010年8月 9日 (月)

体験 郡上おどり

木曽駒ヶ岳をあとにして、岐阜県中部の長良川源流部、郡上
(ぐじょう)市
に宿泊しました。
郡上といえば清流の町・飛騨の小京都城下町であるのと、「
郡上おどり」が有名です。
「♪郡上のなぁー 八幡出てゆく時は(ア!ソンレッセ)雨も降
らぬに袖しぼる
」 の歌詞で知られる郡上おどりは400年の歴
史を持ち、阿波踊りと花笠踊りと並び、日本三大盆踊りの一
つに数えられます。
郡上おどりについては 観光協会 郡上おどり ↓
(すべての踊りが動画で見られます)
http://www.gujohachiman.com/kanko/gujo_odori_j.htm

<速いテンポの春駒>

毎年7月の中旬から9月上旬にかけての三十余夜、町内のど
こかで「♪郡上のなぁー・・・」郡上節が流れます。
お盆期間の「徹夜踊り」は有名で、全国各地からお客が集ま
り、夜通し幾重にもの輪になって踊りつづけます。

この日は川原町の路地が会場ということで、夕食後見学のつ
もりで出かけました。
郡上節には「かわさき」を筆頭に10曲があり、踊る曲の順番
は日によって違い、この日は「かわさき」「春駒」「三百」「ヤッ
チク」が演じられました。
それぞれ歌も踊り方も異なりバラエティ豊かで、哀調おびた
唄声に合わせて手拍子、ゲタの音が響きます。
♪郡上のなぁー          ア! ソンレセ!
Img_3163_2 Img_3175
かわさき              春駒
Img_7641 Img_7620
三百踊                ヤッチク
Img_3162 Img_7658
ミス郡上おどり?         同じあほなら・・
Img_7621 Img_7637
雰囲気に誘われてつい踊ってしまうほどで、誰でも踊り
に加われる「参加型」であることが特徴です。
水と踊りの城下町郡上市もこの旅行のよい思い出です。
 

2010年8月 7日 (土)

中央アルプス 木曽駒ヶ岳 Ⅴ

木曽駒周辺の花シリーズ最終編です。
駒ヶ岳は全国にもたくさんあって、木曽駒の由来は、春になっ
て残雪渓に馬の形が出ることで名付けられています。
駒ヶ岳の最高峰は、天竜川を挟んで東の南アルプス甲斐駒ヶ
岳が2,967mで、木曽駒ヶ岳は2番目です。
ヨツバシオガマ         ムカゴトラノオ
Photo_2 Photo_3
ナナカマド(花)          ナナカマド(実)
Photo_9 Photo_10
ハイマツ              ハイマツ(雄花)
Img_7477 Photo_11
ダケカンバ            エゾシオガマ           
Img_7584_2 Photo_13
ホシガラス            ニホンザル母子
Img_3046 Img_3140
9月になると山はもはや秋で、ハイマツの緑や雪渓の白をバッ
クに、ダケカンバの葉の黄色、ナナカマドの赤い実を中心とし
た見事な紅葉の時期が始まってきます。

昨年の涸沢カールの紅葉については 伊佐屋三木のblog ↓
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-df31.html
 


 
 

2010年8月 6日 (金)

中央アルプス 木曽駒ヶ岳 Ⅳ

高山植物の特徴として、冬の積雪や低温、一日の温度差・
強風・岩場が多く貧弱な養分の土などとても厳しい環境の
中で育ち、雪解け後に訪れる短い夏に満を持して一気に花
を咲かせます。
ハクサンイチゲ         ミヤマキンポゲ
Photo_20 Photo_21
イワツメクサ           オオヒョウタンボク         
Photo_22 Photo_26
クモマスミレ           コバイケイソウ
Photo_27 Photo_28
シナノキンバイ         チシマギキョウ      
Photo_29 Photo_34
ミヤマアキノキリンソウ          ミヤマリンドウ      
Photo_31 Photo_35
明日に続きます。

2010年8月 5日 (木)

中央アルプス 木曽駒ヶ岳 Ⅲ

山の楽しみは山頂を極める達成感のほか、周囲の景色と
花や草・木々の変化を楽しむことなどがあります。
今回のように眺望がないときには、夏山特有の花が楽しみ
です。
夏真っ盛りの木曽駒で出会った花達を紹介します。
コマクサ              コマウスユキソウ(エーデルワイス)
Img_2946 Photo_2
カラマツソウ           キバナシャクナゲ
Photo_4 Photo_5
ミヤマクロユリ          アオノツガザクラ
Photo Photo_11
クルマユリ             ミヤマダイコンソウ
Photo_17 Photo_18
チングルマ            チングルマ(花後の穂)
Photo_13 Photo_16

=続く=

 

2010年8月 4日 (水)

中央アルプス 木曽駒ヶ岳 Ⅱ

明け方まで続いた風雨も一段落し、朝食を済ませて霧の中
出発です。
悪天候のため、当初予定していた岩場の多い宝剣岳登頂を
諦め、木曽駒ヶ岳山頂から馬の背を経由して、濃ヶ池まで
下り、山荘まで登り返す周遊コースを選ぶことにしました。
宝剣山荘
Dscf0323 Dscf0333
中岳付近             ブロッケン現象?
Img_2913_2 Img_2934
駒ヶ岳山頂            後方は御岳
6_800 _800 
高度と気温                        山頂からの景色          
Img_2969 3_800
先行グループ          馬の背
Img_2972 Img_7506
濃ヶ池              雪渓をトラバース
Dscf0368_2 Img_3096_2   
沢渡り               駒ヶ岳山頂は雲
Img_3101 Img_3062_4
7時間かけて出発地の宝剣山荘に戻り、小休憩ののち千畳
敷カールをロープウエイ駅まで下ります。

千畳敷カールとロープウエイ駅  お花畑                    

Img_3119 Img_3121
カールから駒ヶ根市内      日本最高駅
Img_3148 Img_3155
ロープウエイも9分間隔のフル回転で客を運んでいます。
千畳敷カールにはハクサンイチゲ、ミヤマキンポウゲ・クロ
ユリ・ヨツバシオガマ・コバイケイソウ・シナノキンバイなど
が咲くお花畑が各所に見られます。
「駒ヶ岳ロープウエイと千畳敷カール」を冠したツアー客が
あふれています。
一泊二日の木曽駒ヶ岳周辺で出会った花達は、次回から
3回にわたってアップすることにします。
 

2010年8月 3日 (火)

中央アルプス 木曽駒ヶ岳 Ⅰ

燕岳・涸沢カールと2年続いた北アルプスから中央アルプスの
木曽駒ヶ岳を兄弟夫婦で訪ねました。
中央アルプスの最高峰で標高2,956mとはいうものの、駒ヶ岳
ロープウエイ
を利用すると2,612mまで登ることができます。
この時期は氷河が山を削って出来た千畳敷カールのお花畑
と富士山を始めとする眺望が人気で、上高地の時と同様に登
山客と軽装の観光客が混じり合います。
菅の台バス乗り場      宝剣山荘付近の風雨
Img_2879_2  Img_2888
何故か兄弟旅行は雨にたたられることが多く、今回は天候が
安定する7月末を選びましたが、梅雨明け以降の続いた猛暑
が大きく崩れ、一日目は雨となりました。
駒ヶ岳ロープウエイでは強風にあおられ、宿泊する宝剣山荘
2,850mまでは雨と風で流れ落ちる水に登山ならぬ沢歩きを
経験するはめになりました。
悪天候にも拘わらず山荘は満員で、すぐ近くの宝剣岳で立ち
往生しているグループからの連絡で、従業員の緊張した声が
響きます。
何はともあれ初日の目的地に到着し、濡れた靴や服を乾かす
ことに専念します。
濡れた衣服がずらり      天気予報に注目
Img_2886 Img_2885
屋根裏部屋       荷物は廊下へ
Img_2894  Img_2895_2
予報では翌朝からは回復しそうで、駒ヶ岳から馬の背、濃ヶ
池経由で山荘まで登り返す周遊コースを選ぶことにしました。

2010年8月 2日 (月)

真夏の菜園 Ⅰ

梅雨明け後一気に暑くなり、畑の作物も収穫期を迎えます。
我が家の菜園は円山川と国道に挟まれていて、山まで距離
があるので「猪鹿鳥」の中で、カラスだけ注意する必要があり
ます。
P1060533 P1060534 
とくにスイートコーンはカラスの大好物で、食べ頃になると必
ず狙われます。
私の対策は、受粉が終わると雄穂も含めて茎を切り落として
網をばっさりかけてしまうことです。
切ることでコーンの実まで網が届くことと、虫が下に入り込む
のを防止できます。
この方法は余り行われていませんが、さすがのカラスも手が
出せず、鳥被害には極めて効果があるのでお勧めです。
 

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ