但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 御祓山 773m 桜とツツジが満開 | トップページ | 県行造林 満仲山 Ⅱ »

2010年4月18日 (日)

県行造林 満仲山 Ⅰ

府市場区には「野山」と呼ぶ区有林があって、役員になると
毎年一度生育調査を行うことになっています。
満仲山(まんちゅう)の名は、源氏の源満仲を取ったものと
考えられ、子の頼光が但馬の国司として赴任した上郷には
、殿屋敷という地名や頼光寺という寺があります。
古墳や寺跡もあって、氏神伊智神社東にある宝篋印塔
はこの山で見つかったものを移したと言われます。

場所は川向こうの上郷字満仲(まんちゅう)で、広さは134ha
で、うち約20haに杉檜が植えられています。
県行造林制度とは、県が土地所有者と契約を結び、民有林
野造林を行い、その収益を土地所有者と分け合うもので、
森林資源の造成や林野の保全を目的として実施しています。
鹿による被害            国府平野を望む
P1020119_3 P1020124_3
区有林の荒廃を懸念した先輩達が、日高町と数十年後の伐
採による収入の割合を約し、満仲山の造林を決めました。
植林は61年に完了し、伐採予定期間は昭和100年から120年
まで、収益比率は日高町6割、府市場区4割で、杉12,600本、
檜29,400本が植えられました。
ずっと先の話のつもりが今は昭和85年、あと15年で伐採予定
時期を迎えます。
枝打ち間引きなどの管理は町が森林組合に委託しています
が、管理がいきとどいているとは言えず、木材需要の変化も
考えると商品価値が出るかどうか不安に感じるところです。

« 御祓山 773m 桜とツツジが満開 | トップページ | 県行造林 満仲山 Ⅱ »

府市場物語」カテゴリの記事

コメント

そんな歴史上有名な人物の由来があるとは
ビックリです。
いろんな由来があるんですね。

父から聞いてブログを覗き始めました。
毎日楽しみにしています。
府市場のこと詳しく知るのもなかなか機会もなく(父の話だけでは断片的で)面白いです。
国府市場のこともわかれば教えてほしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御祓山 773m 桜とツツジが満開 | トップページ | 県行造林 満仲山 Ⅱ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ