但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 聖武天皇と紫香楽宮 特別展講演会 | トップページ | 匂うふるさと 手辺村繁盛記 »

2010年4月27日 (火)

大正期 手辺の町並み

私の住む府市場は名のしめすとおり、国府村の商業の中心
地でした。
中心に国道312号が南北に走っていて、西側(大岡山方向)
を手辺、東側(円山川方向)を国府市場(こうのいちば)と呼
び、祭りの屋台やだんじりなどはそれぞれが所有し、競って
いた感がありました。

大正期から昭和にかけては商店が建ち並び、盆暮れには
季節用品や飲食の露店が集中した臨時の「手辺市」でも賑
わった通りです。
大正期の手辺の町並み(菅村驛一氏 匂うふるさと) 
Tehen_4
我が家もここで菓子屋「伊佐屋」を営み、羊羹・巻きせんべい
水飴・松露糖の他に文房具なども販売していました。
伊佐屋菓子店は建て替えるまでは、虫籠窓に塗り壁・屋根の
両側に「うだつ」が上がっている貫禄ある建物で、玄間を入っ
た左側に商品を並るべ「店」がありました。

手辺に来ればなんでも揃うと、近隣の村からも買い物にやって
きました。
当時の帳簿を見ると国府村内はもちろん八代村を始め近隣の
村人の掛け売り記録が残っています。
P1050124 P1050128
現金で買うことなどあまりないのか、父に言わせると盆暮れの
「節季払い」時期には、子ども達も集金にかり出されて大変だ
ったそうです。

« 聖武天皇と紫香楽宮 特別展講演会 | トップページ | 匂うふるさと 手辺村繁盛記 »

府市場物語」カテゴリの記事

コメント

へえぇ、です。
確かに「いさや」はありました。
しばらくコメントしていませんが、毎日見ています。
元気に仕事をしています。

すごいですね。歴史的にもすばらしい地区ですね。史実として文献も残っているようですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖武天皇と紫香楽宮 特別展講演会 | トップページ | 匂うふるさと 手辺村繁盛記 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ