但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

匂うふるさと 伊佐屋菓子店 Ⅰ

前述した菅村驛一氏の「匂うふるさと」の中の、「手辺村繁盛
記」の伊佐屋菓子店の記述です。

当時の伊佐屋菓子店(虫籠窓に塗り壁・屋根の両側にうだつ
が見受けられます)

Scn_0001_3<伊佐屋菓子店>
「伊佐屋は、手辺でも由緒ある
旧家なことが、白壁黒壁の風格
ある構えをみてもわかります。
おおきな母屋の一室のなげしに
飾った素やりが、帯刀の家柄を
物語っていました。
 


当主は、三木秀蔵さんで、菓子製造のかたわら農業をされま
した。おも屋の表が、菓子店と文具店となっていて、その中間
にひさしから、「菓子舗伊佐屋」と浮き彫りにした看板が、つり
下げてありました。
私は、わき見しながら軒下を歩いていて、この看板につき当た
りました。看板はギッギッと音を立てて、ふり子のようにゆれま
した。そのころの商店は、茶色や紺地を白く染め抜いた、のれ
んをかけるぐらいで、看板らしい物をかかげた店は、そうありま
せんでした。
 長槍と捩(もじ)り    但州上蓼川上り 精栄堂看板 
   P1040541_4      P1040510_7       
 文具店には、「ますらお」と書いた小さな紙のはった筆や、
「君が代」という墨が売ってありました。
菓子店の表の土間は広くて、大きな作業台が置かれ、かたす
みに炉がもうけてありました。そこでおじさんが、せんべいを焼
いたり、あめ玉をまるめたりしました。
伊佐屋菓子店の名物は、ようかんで、「伊佐屋のようかん」と
但馬に広く聞こえていました。拍子木形のようかんは、一寸(
約三センチ)が何銭と、かね尺ではかって売られました。
進物用には竹の皮の下包みして、「但州府中国府手辺伊佐屋
三木菓舗謹製」と刷られた小さな紙をはり、奉書紙で上包みす
ると水引をかけ、のしを付けました。このようかんの特長は、日
持ちがよくて、いつまでも仕立てのやわらかさがあり、味も不変
というのでした。
その秘訣の一つは、「よく熱を通して、時間をおしまずこねる」
と、おじさんから聞いたことがあります。

(菅村驛一氏 「匂うふるさと」 より)

2010年4月29日 (木)

日本の青空Ⅱ 日本国憲法を考える

5月1日メーデーの日、憲法記念日を前に、映画「日本の青
空Ⅱ いのちの山河」が上映されます。 
http://www.cinema-indies.co.jp/aozora2/index.php

Ⅰ部の「日本の青空」では民間人や学者が議論を重ねた
憲法草案要綱」は、1945年12月26日にGHQと日本政府に
提出されました。
前憲法を引き継いだ非民主的な政府草案に対し、GHQを
通じて新憲法「日本国憲法」に大きな影響を与えました。
Img_message_6 
古くは大勲位の政治家や安倍・麻生など「戦争を知ろうとし
ない」2代目お坊ちゃま政治家が呪文のように繰りかえす
「占領軍の押しつけ憲法論」が、一面だけを捉えた見方で
あるのが理解できます。

主人公の鈴木安蔵氏の「政治学原論」は大学の頃に読ん
だことがあり懐かしく見ました。
1947年(昭和22年)生まれは、青春時期をベトナム戦争・安
保改定・沖縄返還・大学紛争など政治的エポックを通じて、
社会を考えた団塊世代で、日本国憲法と同じ歳・同期生に
あたります。
そんな思いを大事にするため、「九条の会」の活動に賛同し
ブログでもリンクを続けてきました。

今回の「日本の青空Ⅱ いのちの山河」では、山間の小さな
岩手県・沢内村を舞台に、「いのちを守る」憲法25条生存権
がテーマとなります。
Img01_2 
前回は、市教育委員会後援もあって、結構盛況でしたが、
私も含めて客層の高齢化が目立ちました。
国民投票法が成立した今、憲法のことを改めて考えてみる
機会として若い人に是非見てもらいたいと思います。

●上映日・時間 : 5月1日(土)①10:30~12:30
                     ②13:30~15:30
                     ③16:00~18:00
                     ④18:30~20:30
● 場   所  : 豊岡駅前アイティ7階市民プラザ

2010年4月28日 (水)

匂うふるさと 手辺村繁盛記

匂うふるさと 菅村驛一 氏
明治43年 国府村府市場に生まれ、豊岡で印刷業を営み、
昭和21年佐賀県伊万里市へ転居されました。
幼少期から青年期を過ごした故郷に対する望郷の思いか
らか、大正期から昭和にかけて国府や手辺・国府市場(こ
うのいちば)の人々の自然や暮らし・子どもの頃の思い出
などを詳しく書いた「匂うふるさと」など全5巻をが発行され
ています。

その記憶力のすごさに感心すると同時に、当時を偲ぶ貴重
な資料とさせて頂いています。
ずっと住み続けていると変化を受け容れ、慣れて忘れてしま
いがちですが、遠く離れていることで、いつまでも鮮烈な記憶
を持ち続けることができるのでしょうね。
Nioufurusato Furusatosan_4 Tookifurusato
この中には「手辺村繁盛記」として、家並みの地図(掲載済
)と四十八軒の様子を紹介しています。
その中の「伊佐屋菓子店」については、1,400字にわたるの
で、次から2回に分けて紹介します。

2010年4月27日 (火)

大正期 手辺の町並み

私の住む府市場は名のしめすとおり、国府村の商業の中心
地でした。
中心に国道312号が南北に走っていて、西側(大岡山方向)
を手辺、東側(円山川方向)を国府市場(こうのいちば)と呼
び、祭りの屋台やだんじりなどはそれぞれが所有し、競って
いた感がありました。

大正期から昭和にかけては商店が建ち並び、盆暮れには
季節用品や飲食の露店が集中した臨時の「手辺市」でも賑
わった通りです。
大正期の手辺の町並み(菅村驛一氏 匂うふるさと) 
Tehen_4
我が家もここで菓子屋「伊佐屋」を営み、羊羹・巻きせんべい
水飴・松露糖の他に文房具なども販売していました。
伊佐屋菓子店は建て替えるまでは、虫籠窓に塗り壁・屋根の
両側に「うだつ」が上がっている貫禄ある建物で、玄間を入っ
た左側に商品を並るべ「店」がありました。

手辺に来ればなんでも揃うと、近隣の村からも買い物にやって
きました。
当時の帳簿を見ると国府村内はもちろん八代村を始め近隣の
村人の掛け売り記録が残っています。
P1050124 P1050128
現金で買うことなどあまりないのか、父に言わせると盆暮れの
「節季払い」時期には、子ども達も集金にかり出されて大変だ
ったそうです。

2010年4月25日 (日)

聖武天皇と紫香楽宮 特別展講演会

今年は平城京に都が移って1.300年、奈良では4月から6月
にかけて「平城遷都1300年祭」が始まりました。
先日はNHK古代史ドラマスペシャル「大仏開眼」の放送もあ
りました。
豊岡市日高町にある「但馬国府・国分寺館」では、特別展
「聖武天皇理想の都 紫香楽宮」が開催中です。
         Scn_0003_3
その記念講演会として「聖武天皇と紫香楽宮」が開催され
歴史好きの面々が集まりました。
講師は小笠原好彦滋賀大名誉教授、話しに引き込まれて
あっという間の2時間半でした。
P1050111 P1050114
飛鳥の藤原京から平城京に移しながらも、その後難波宮、
恭仁京を造営したのは、唐の長安・洛陽・太原の三都制が
影響を与えたこと。
難波・恭仁両宮の位置決定には、木津川・淀川の水運利用
が不可欠だったこと。
紫香楽宮と大仏造営との関連、行基に代表される民間の力
を借りなければならなかった理由など、時代背景や政治的狙
いが興味深いものでした。
特別展には行くつもりでしたが、講演を聴いた後にと決めて
いたので、近いうちに訪れようと思います。

2010年4月21日 (水)

郵政記念日 府中郵便局の沿革

逓信省(現在の郵政事業庁)が、1871(明治 4)年3月1日(新暦
4月20日)、それまでの飛脚制度に代わり新しく郵便制度を実
施しました。
東京・京都・大阪の三都市と東海道線の各駅で、郵便物の
取扱、切手の発行が始まり、翌年にはほぼ全国的に実施さ
れたことにより記念日として制定されました。

国府地区には「府中郵便局」と名付けられた局が、府市場に
あります。
その沿革誌によると・・・
「当府中新外近隣数村を合わせ、古来府中組合と称して、
其地位実に但馬の中央、四通の要衝に当たりしも、当初
不幸にして郵便局の開設なかりしを以て、明治十四年二
月、村内有志、長沢実二郎、自ら一篇の建言書を駅逓寮
に呈し、尋で同年五月、自ら費を抛ちて東京に上り、

島 密 氏に面会して親しく府中新村に置局の議請願せ
しが、遂に当局の評議を得て翌十五年十月十日開設せら
れ、府中新郵便取扱所と称し、明治二十三年四月一日、府
中郵便局と改称、昭和六十二年十一月十六日、日高府中
郵便局となる」 

という記録があり、当初の位置は府中新村にあったが、明
治三十四年五月三十日に府市場村五四番地に、その後移
転し現在地に至りました。
当時の郵便料金は葉書が1銭、書状が2銭という記録が残
っています。

村の有力者の努力が実って開設されされた局は、土地や
局舎も運営に必要な用品も提供を受け、その代わりに局
長職の世襲制度を保証してきました。
これら全国の特定郵便局の局長が「全国特定郵便局長会
(全特)」という組織を通じて、自民党への選挙支援と圧力
を通じて特権的地位を確保してきました。
これが
泣く子も黙る全特18,000局で、これも「郵政改革
」によって名を変え、かっての力は無くなりました。

2010年4月20日 (火)

春のパステル画、水彩画展

友人の小山君が自宅を改造したアトリエで、春の個展を開
きます。
風景と静物のパステルと水彩画が中心なので、気楽に見学
でき、購入もできます。
私も何枚か彼の絵を持っていますが、彼は「掛け軸と同じ
で春夏秋冬、季節にあった絵を掛け替えて楽しんで欲しい」
と言います。
Epson_0186_1_4
   
← 案内ハガキ





場所は日高町上郷、江戸時代前期に建てられたと言い伝
えられている自宅を改造したギャラリーの真ん中を、民家と
しては最大級の梁(はり)が貫いていて、絵に気を取られて
頭を打つ人が毎回出るそうです。

彼の人柄と交友範囲を反映して、但馬一円から幅広い人が
訪れるのとGWを利用して里帰りのついでにといった知人も
多いようです。
「伊佐屋三木のblog」を見たと言っても言わなくても、絵を買
っても買わなくても、混雑してなければ美味しい引き立てのコ
ーヒーをご馳走してくれるはずです。
今回は原価率85%?の「京都・奈良の古都風景画集」(40作
品ハードカバー箱入り3,500円)も販売されます。
何回も行った方もまだの方も是非訪れてみて下さい。
Img485tt_2  
●4月25日(日)から5月5日(祝)まで
●10:00から19:00まで
アトリエ小山のホームページ 
 http://www.mimir.ne.jp/~atorie_k/

2010年4月19日 (月)

県行造林 満仲山 Ⅱ

県行造林制度を利用した満仲山の植林に至る経緯を、当
時の区長が記しています。

<植林に関する経過について>
太平洋戦争前に於ける満仲山は、昼なお暗い松の美林に
全山覆われた共有林である。
その伐採には鉈(なた)の携行さえ禁じ、厳重に保全されて
いたのであるが、太平洋戦争中の燃料難から各家庭に割り
当て伐採の許しが出て、同時に国による強制的な供出薪の
割り当てにあい、急速に荒廃するに至り、山中最奧の谷間に
搬出が困難が故に約3町歩を残すのみとなった。
戦後昭和30年頃より区集会所建設の必要に迫られ、立木
の売却処分をして資を得んと区長は相談して230万円にて
現在の公民館を昭和33年に建築した。
同時期に国府地区全般に上水道敷設の工事にともない、各
戸の前までの水道管敷設費全戸分と新式ガソリン消防ポン
プ一式の購入費などに充てた。

伐採利用直後より区長は区民に植林を呼びかけ、両2ヶ年
これを実行したのであるが、激変する経済状況に出役作業
員の確保が困難になったり、労役ができない人も出たので
植林作業を断念せざるを得なくなった。
他に何らかの方法で共有林の再興を企てたが、実現に至ら
ないまま、区長交代があったりして20数年間放置された。

昭和57年6月23日区長は区役員連判の区有林整備の申請
を日高町に提出し受理された。
昭和61年春、実地測量の結果32町歩余と確定され、同年10
月役6町歩その後14町歩に杉12,600本、桧29,400本、合計
45,000本の植樹が完了した。
60年後の子孫はこれを如何に利用するか知らないが、ただ
区民永遠の発展と弥栄を祈念するものである。
(昭和63年植林完了に際し 区長菅村盛一 記す)


戦前戦後を通じて、区民が大切に育て活用してきた区有林
の荒廃を見かね、数十年後子孫の利用を考えての提案でし
た。
昭和57年のこの提案に対し専門委員会も設置され、制度の
説明や検討がなされ、区民協議の上決定され、昭和61年10
月に日高町との「造林契約証書」が取り交わされました。

区役員による育成調査を義務づけたのは、この熱い思いを
引き継ぎ、子孫に繋ぐ財産を守り育てることの大切さを訴え
たものでしょう。
制度導入後25年を経過し、世代交代も進んでこの経緯も区
有林の範囲さえ知らない人が増えてきました。

2010年4月18日 (日)

県行造林 満仲山 Ⅰ

府市場区には「野山」と呼ぶ区有林があって、役員になると
毎年一度生育調査を行うことになっています。
満仲山(まんちゅう)の名は、源氏の源満仲を取ったものと
考えられ、子の頼光が但馬の国司として赴任した上郷には
、殿屋敷という地名や頼光寺という寺があります。
古墳や寺跡もあって、氏神伊智神社東にある宝篋印塔
はこの山で見つかったものを移したと言われます。

場所は川向こうの上郷字満仲(まんちゅう)で、広さは134ha
で、うち約20haに杉檜が植えられています。
県行造林制度とは、県が土地所有者と契約を結び、民有林
野造林を行い、その収益を土地所有者と分け合うもので、
森林資源の造成や林野の保全を目的として実施しています。
鹿による被害            国府平野を望む
P1020119_3 P1020124_3
区有林の荒廃を懸念した先輩達が、日高町と数十年後の伐
採による収入の割合を約し、満仲山の造林を決めました。
植林は61年に完了し、伐採予定期間は昭和100年から120年
まで、収益比率は日高町6割、府市場区4割で、杉12,600本、
檜29,400本が植えられました。
ずっと先の話のつもりが今は昭和85年、あと15年で伐採予定
時期を迎えます。
枝打ち間引きなどの管理は町が森林組合に委託しています
が、管理がいきとどいているとは言えず、木材需要の変化も
考えると商品価値が出るかどうか不安に感じるところです。

2010年4月17日 (土)

御祓山 773m 桜とツツジが満開

養父市大屋町の御祓山(みはらいやま)773mはいろいろな
点で有名です。
この山から海に住む古生代フズリナの化石(但馬では最古)
が見つかり、海底が隆起してできたことがわかります。
もう一つは樹齢600年と言われるみづめ桜(エドヒガンザク
ラ)とミツバツツジの群落です。
ツツジの群落は麓近くでも見られますが、みづめ桜は歩く
こと1時間、御祓山7合目あたりにあって、軽登山感覚でない
と出会うことはできません。
大屋町にあるもう一つの樽見の大桜は、樹齢1,000年を越
えますが、ともに但馬の巨木として放つエネルギーのすごさ
を感じさせます。

御祓山、手前は大屋富士      糸原の入り口

P1020111 P1020100
ミツバツツジの花と葉
P1020086 P1020093_2
ミツバツツジの名は小さな葉が3枚づつ付いていることから
名付けられたもので、中腹まで群落を形成していて麓は散り
初め中腹は蕾が多く、両方が楽しめます。
みづめ桜は樽見の仙桜とともに、「見にいく」のでは失礼で、
「会にいく」という言葉がふさわしい風格が感じられます。
みづめ桜 樹齢600年、高さ15m、幹周り4.25m
P1020069 P1020065
桜越しに雪を積む氷ノ山     エドヒガンの白い可憐な花
P1020057_2 P1020064
桜を後に山頂を目指しますが、急坂が続きます。
急坂とロープ         馬酔木(あせび)
P1020045  P1020025
25分で山頂に到着、赤松や杉檜のため眺望はさほど望
めませんが、木立越しに北の妙見山、東の朝来山・粟鹿
山、南は須留ヶ峰と大杉山、西には氷ノ山から鉢伏山など
1,000m級の山が周囲を囲みます。
東、粟鹿山・朝来山        南、須留ヶ峰・大杉山
P1020030 P1020031
西、氷ノ山・鉢伏山        山頂773m
P1020034 P1020028
花回廊として一番いい時期なので、この日は神戸からの団体
42人も含めて11グループ72人にお会いしました。
但馬の山でこれだけの人数に逢えるのは、氷ノ山以外には
考えられません。
糸原地区を中心に登山道の整備や大桜保存が丁寧になされ
ていて、案内標識も多く安心して登れるお勧めの山です。

2010年4月16日 (金)

もう一つの 婆焼きまつり

松岡の御柱(とう)まつりは、産土神「十二所神社」(妃を祀っ
ている)の祭礼として行われますが、かっては旧国府村のうち
上郷・府市場・土居・芝の4ヵ所でも行われていました。
この行事自体は、幸姫伝説と関連させた、農事信仰の火祭り
の一種だと思われます。
但馬では、関宮の万燈の火祭り、温泉町の火祭り、出石や竹
田などあちこちに害虫駆除・五穀豊穣を願う火祭りがあります。

私の住む府市場でもお塔(とう)まつりとして、おとう講11人に
よって毎年お祭りされています。
お頭人とは神事を主宰する人達を意味し、その権利をともなう
株の売買もなされていました。
講中では長くお頭田を所有し、その地租によって祭りを運営し
ていましたが、政治社会情勢の変化によりそれを換金し、基金
としてその利息を以て祭り費用を賄っていた時期もあります。
金融の制度や情勢の激変で、基金による金利も微々たるもの
となり、近年は賽銭として会費を集め費用に充てています。
毎年の祭りの様子は当番による「十二所祭典諸費並びに当番
記録簿」
として、天候・ 当番名・献立内容・収支・引継物件(掛
軸・帳簿・婆焼き写真・預金証書ほか)・協議事項を記し保存し
ています。
      ……………………………
(明治期の資料には)
●お頭田
 気多郡野々庄村分 
  百七十二番字高畑
 1、畑 壱反五畝壱歩(地価四拾五円二拾壱銭七厘)
  二百八拾八番字上川原
 1、畑 四畝二拾壱歩(地価拾二円九拾三銭五厘)
  上記の地祖金壱円四拾五銭二厘 とある。
● 十二所社 社員名として23名が記載されており、お頭株
  の売買も行われていたことも記されています。

婆焼きの鉢は松岡は女竹(鉄砲竹)でつくりますが、府市場
は藁で作ります。
我が家も講中で、子供の頃から婆焼きを見てきましたが、
講員の減少と松の入手が困難になったこともあって、昭和
39年に休止、平成元年に復活し5年ごとに4回行われてきま
したが、今年度で再休止することに決まりました。

府市場婆焼きの鉢は藁が中心です
P1010006   P1010007
P1010019   P1010022 
区を二分し区民総出で行われている松岡と、講中だけで
行われてきた府市場とのスタンスの差が現れています。

2010年4月14日 (水)

御柱まつり 婆焼きまつり

今日4月14日に但馬で残っている火祭りの一つ、婆焼き祭り
が日高町松岡の川原で行われます。
御柱松と呼ばれる枝着きの松に女竹(鉄砲竹)などを用いて
鉢を作り、先端に御幣と老婆に似せた人形を仕立て、焼き捨
てる行事です。
P1010038 P1010049 
火入れは午後6時半頃になるので、初めての方は旧田中ゴム
あたりに車を止めて、神社前の川原でご覧下さい。

’07年行事の映像は「るんるんテレビ」 ↓
http://run2.tv/modules/videocast/view.php?mm=m2&vid=378

由来については、
婆焼きまたはお鉢焼きとは伝説によれば、承久の乱(1221
年)で北条方に破れ、流された後鳥羽上皇の皇子六条宮雅成
親王の配所現豊岡村高屋まで、親王の跡を慕われてはるばる
都から下られた妃幸姫が松岡の里まで辿り着かれ、長旅の疲
れと老婆の虚言により世を儚み入水されました。
その霊を慰めるため、命日に川原で婆焼きをするとされます。

尊いお方の但馬配流という史実と旅の途中出産時に川に身を
投じて亡くなった王妃の慰霊という悲劇伝説。
この時期南風が吹き増水被害があり、疫病や害虫を退散させ
る為焼き殺すという豊穣祈願伝説。
この両面があると言われます。

この行事は松岡の産土神「十二所神社」(妃を祀っている)の
祭礼として行われますが、かっては旧国府村のうち上郷・府市
場・土居・芝の4ヵ所でも行われていました。

2010年4月13日 (火)

23号台風 ドラム缶ヤナギ

私の会社がある日高町浅倉地区は堤防がなかったため、
’05年の台風23号で大きな被害を受けました。
’05.10.21 尾川橋付近     ’05.10.21赤崎橋西側
P1010050_2 P1010041_3         
神鍋高原や蘇武岳から流れる支流稲葉川と円山川の合流
地域で地形が蛇行していることも増水の原因で、台風以降
築堤や河川の掘削・橋の付け替えなど災害対策事業が実
施されています。
築堤や橋の付け替え工事    合流部のヤナギの大木
P1040722 P1040707
本流との合流地点に大きなカワヤナギの木があって、洪水
時に上流から流れてきたドラム缶が遙か上の枝に引っかか
ったままになって、付近では「ドラム缶柳」と呼んでいます。
時の経過とともに災害記憶が薄れつつある昨今ですが、初
夏になると葉っぱで隠れ、冬になるとら葉が落ちて姿を現し
ます。
5回目の春を迎えたドラム缶   増水のメモリアルマーク
P1040711 P1040736_2
付近の築堤や浅倉橋の架け替えが進み、尾川橋からの
管轄は国交省で、ここから合流域までの工事はこれから
始まりますがこのヤナギは切られるようです。

友人のT君が聞いたところによると、樹木医の宮田さん曰
く、「これだけのヤナギの大木は但馬では珍しい」とのこと。
幹周りをはかってみると約4m、直径は1.3mに及びます。
ヤナギは刃あたりがよく刃を傷めないことから、まな板の材
として朴(ホオ)・イチョウと並ぶ御三家の中でも、筆頭に挙
げられます。
築堤などの治水対策事業は地区住民の悲願ですが、23号
台風増水の生き証人であるヤナギがドラム缶とともに無く
なり、まな板に変わる?のは寂しい気もしますね。

2010年4月12日 (月)

大野山 754m

大船山から猪名川町大野山(おおやさん)へはしごします。
ガイドブックには「大野山は猪名川源流に位置し、かっては
その山頂に日光寺が隆盛を誇っていたという。千年以上も
前に建立された山岳寺で、多くの宿坊を持っていたが度重
なる戦火で焼失した」と記載されています。
猪名川町によって「大野アルプスランド」として整備が進み、
キャンプ場・イベント広場・遊歩道・天文台など一帯は公園
化されていいます。
Img_1935_2  Img_1960
猪名川町柏原から車道を利用すると、車でも簡単に上が
れますが、西軽井沢から広くて歩きやすいハイキングコー
スを1時間ほど歩くと山頂です。
Img_1958 Img_1903
山頂の眺めは格別で、北には以前登った弥十郎岳や多紀
アルプスが、南には午前中に登った大船山が望め、大阪・
伊丹や六甲明石方向の展望も開けています。
5月頃にはツツジやアジサイが楽しめるようです。
丹波篠山方向           京都福知山方向
Photo_8 Photo_9
大阪・伊丹             六甲・明石           
Photo_10 Photo_11   
キャンプ場やトイレ・遊歩道が整備されていて、家族連れの
ハイキングには絶好の場所ですが、NTTのアンテナや天文
台が建ち並び、山歩きには整備されすぎて物足りない感が
しました。
この日の大野山の人口密度は家族連れ3組とハイキング客
も合わせて12.0人でした。

2010年4月11日 (日)

大船山 653m

ふるさと兵庫50山の一つ大船山653m、この後大野山754m
に登り、残りは14山になりました。
完登目標では日本百名山が有名ですが、全県で選ばれてい
て、ふるさとを知るのも目的の一つです。
三角錐の見目のよい山で、神々が降る山として山頂には神
を迎える為の石組み「磐境」跡が残っています。
Img_1901  P1020004
三田と宝塚の北部に位置し、展望もよく四季を通じて愛され
る人気の山です。
十倉から登り始め、檜林を抜けると雑木林になり山道を進
むと、鞍部で東側の波豆川からの道と合流し、登山まで70分
程度のハイキングコースです。
Img_1864 Img_1867_8
山頂からの眺めは、西の千丈寺山、北にはこの後登る大野
山754m、南西には六甲の山々が連なっています。
Img_1889 Img_1891
Img_1887 Img_1888
好天につられてか、下りでは1人、山頂で2人、下りでは12人
本日大船山の人口密度は16.0人で久々の賑わいでした。
この後山頂で眺めた大野山に向かいます。

2010年4月 9日 (金)

桜満開

例年に比べて開花が早かった桜ですが、彼岸後の寒さで例
年なみの満開時期になりました。
旧日高町役場前          植村直己公園
Sany0018 Sany0029
神鍋清滝小学校          神鍋よの木坂
Sany0033 Sany0041

< 桜名言集 >

● 年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず (唐詩選)
● 願わくは花の下にて春死なん、その如月の望月の頃
                             (西行法師)
● 花に嵐のたとえもあるぞ、さよならだけが人生だ
                        (漢詩 井伏鱒二訳)
● 明日ありと思う心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかは
                             (親鸞聖人)
● 花は盛りに、月は隈なきをのみ、見るものかは・・・・
咲きぬべきほどの梢、散り萎れたる庭などこそ、見所多けれ
                        (徒然草 一三七段)
● 世の中は、三日見ぬ間の桜かな        (大島蓼太)
● 月に叢雲、花に風
● 桜の花の下で見る夢にも似てる人生さ
           (石原裕次郎 我が人生に悔いなし 三番)
     

2010年4月 8日 (木)

ハイキング保険

低山中心ながら年に20回以上山歩きをするのと、単独行が
多いので保険は欠かせません。
グラフィスのハイキング保険 ↓
    http://www.glafis.com/819/
     Epson_0182_1_5
ハイキング保険とは、危険度が低いハイキングコースを歩く
人を対象として、日常生活での事故やけがにも対応します。
山岳登攀(ピッケル・アイゼン・ザイルなどの登山用具を使用
する)ものは、「山岳保険」が用意されています。
私が入っているものは、死亡2,000万円、入院2,000円、通
院1,000円、救援者費用等が500万円で保険料は7,250円
とお手頃価格です。
事故やけがの時に備えて、こちらの準備も必要です。   

2010年4月 7日 (水)

車買とりシステム 

1年半前に購入した嫁さん専用の軽自動車が不要になったの
で、NETを使って販売してみました。
「一括査定.com」にアクセスして、所定の項目を入力します。
ホンダ LIFE G 平成13年 AT車 白 走行距離55.200km

登録してあるのは買い取り大手ばかりの13社で、半日間に3
社からリアクションがありました。
C社は豊岡市まで査定に来られないが、データーから判断し
て0~10万円の回答で×。
J社は10~20万円で、姫路に店があるので夕方には査定に
来るとの返事でした。
G社はメールで受け付けた返事が来て、査定日と時間を打ち
合わせたいと返事でしたが留守をしていたこともあって連絡
がつかずにアウト。
念のために家の近くで、CMなどでも有名なH社に車を持ち込
んで査定してもらいました。

中古車の査定は車種・年式とグレードをベースに、走行距離
と傷や汚れ具合で判断されます。
13年物とはいえ、屋根付きの駐車場かつたばこは吸わない
ので室内も綺麗で、外観は目だった傷はありません。
H社は買う気があまりなさそうでしたが、15万円といいながら
若干上乗せありとの感触でした。
夕方J社の査定担当が来て、確認後交渉の結果、即決引き
取りを条件に16万5千円が提示されました。

新車に対するエコカー減税や補助金で、中古車市場は不振
と聞いています。
1年半前に車両本体価格53万円で購入したものが、4月末に
車検切れするとはいえ、その価格差には唖然としました。
走った距離がわずか4,000kmなので、36.5万円の差額は
高くつきました。
結局一番熱心で、わざわざ姫路から来て熱心に勧めてくれた
J社に決め、その場で引き取って帰ってもらいました。
車を移動したり、在庫したりする金利や手間・費用を考える
と無理からぬことかも知れませんが、中古車市場の実態が
少しわかったような気がします。

2010年4月 6日 (火)

五台山 655m

午前中三尾山に登り、帰り道に五台山655mにチャレンジ。
氷上と市島にまたがり登り口に独鈷(どっこ)の滝・岩瀧寺が
あり、有料ですが寺の駐車場も利用できます。
五台山                 独鈷の滝
Sany0063   Sany0065
独鈷とは密教で用いる金剛杵(こんごうしょ)の一種で、両端が
尖った短い棒状のもので、滝の形が似ているそうです。
滝を越えると弘法大師の手によるといわれる浅山不動尊、
谷川沿いの道を登ると途中から杉と檜の植林帯で急な斜面が
続きます。
P1020034   P1020028
小峠から尾根道を進むと山頂手前の鞍部に出て、右は小野寺
山645m、左は五台山655mの山頂が間近です。

小野寺山頂             五台山頂
P1020012 P1020021_2
大江山                多紀連山
Photo Photo_2
北方向には大江山から福知山が、南東側は三尾山など丹波の
山々、南の六甲山方向は黄砂のせいか霞んで見えません。
低山でもさすがに2山となると疲れました。
この山では毎週のように登っているおじさんと一緒になり、人口
密度はわずか2.0人でした。

2010年4月 5日 (月)

トンネル育苗

彼岸を過ぎるととたんに忙しくなります。
まず、冬野菜の片付け、除草・荒起こしの一方で、芽出しと育
苗を始めます。
ジャガイモ芽出し         枝豆・トウモロコシなどの育苗
P1040704 P1040700  
ジャガイモは半月経過し、少しずつ芽が出てきました。
トウモロコシ・枝豆・インゲンはトレーポットに種をまき、芽が
出て苗になるまで水やりと温度調整が必要です。
今月後半には立派に育った苗を移植すると、直まきより半
月早く収穫できるのと、前作があったり春先など畑が整って
いないときに便利です。

2010年4月 2日 (金)

我が家のデジタルカメラ

昔から写真好きで、小学校から中古カメラで写真を撮ったり
していて、マイカメラを持ったのが大学時代。
社会人になってからも一眼レフやコンパクトカメラを買って遊
んでいました。
1995年のwindows’95以来、デジタル機器が一気に開発され
カメラにもデジタルの波が押し寄せてきました。

1997年のソニーのマビカから2009年のパナソニックのLUMIX
まで、我が家のデジカメファミリーを紹介します。
SONY マビカ MVC-FD5    OLIMPUS CAMEDIA C-3030
Sany0011 Sany0013
CANON EOS KISSX      CANON Powershot A570is 
Sany0018 Sany0016
Panasonic LUMIX FX40     My Familiy 
Sany0023 Sany0027
初代のマビカは記録媒体が3.5インチフォローピーディスクの
41万画素で、書き込みが終わるまで時間がかかりました。
2代目のOLIMPAS CAMEDIAはスマートメディアで、330万
画素、3代目CANON EOSKissXはコンパクトフラッシュで、
1,024万画素、4代目CANON Powershot A570isはSDカー
ドで710万画素、最新のPanasonic LumixはSDカード1,210
万画素です。

価格は1号機が6万円で、5号機が2万円です。
機能が大幅に進化しながらも、価格は3分の1以下とは恐ろ
しいほどのIT革命ですね。
この中で現役は、一眼のCANONとコンパクトのPanasonicで
ブログ用に大活躍してくれます。

2010年4月 1日 (木)

e-tax 加算税、延滞税の支払い

国税庁お勧めのe-taxシステムを使った確定申告騒動の続
きで第10弾になります。
過去記事に興味がある方は、ブログ右側のサイト内検索窓
に e-tax と入れてもらえば出てきます。

結果として申告が遅れたことによる延滞税と加算税合計12,
000円を不当として、税務署長に異議申立(却下)、その後
国税不服審判所に審査請求して審判待ちの状態なので、結
論が出るまでこれらの支払いを拒否していました。
今年度の還付申告で数万円返金されることになり、楽しみに
していたところ税務署員から電話で、税の滞納がある場合は
「充当金」として控除する決まりになっていて、審判で私の主
張が認められれば、返金するとの連絡がありました。

結果として支払わされた恰好になりましたが、それも道理なの
で、受け容れざるを得ませんでした。
この上は国税不服審判所による裁決で当方の主張が認めら
れ、返金されることを待つしかありません。
裁決は6月頃になるようです。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ