但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« イリタマモクケヤキ (入玉杢欅) | トップページ | うるか »

2010年3月 1日 (月)

稲むらの火

昨日はチリ巨大地震による津波の警戒で、テレビでは全番組
の画面が日本地図による警戒地域を表示し、避難指示も各所
に出されました。
あいだに遮るものが無いとはいえ、地球の反対側から時速7百
キロの早さで迫ってくる津波の恐ろしさは想像を超えます。
50年前のチリ巨大地震後では、太平洋沿岸部を中心に全国で
死者・行方不明者142名、家屋の倒壊や流出、住家の浸水、橋
梁破壊、道路決壊、田畑の冠潮、船舶の流失などの多大な被
害が出ました。

津波といえば教科書にも取り上げられた「稲村の火」を思い出
します。
場所は現在和歌山県の広川町、大地震の後、高台に住む庄
屋五兵衛が巨大地震の後襲ってくる津波をいち早く察知し、収
穫したばかりの稲束に火をつけることによって、村人たちを呼
び寄せ、津波から救ったという話です。
実在の人物濱口梧陵による史実をもとにして書かれたもので
すが、命より大切な収穫後の稲むらに火をつけたという機転と
犠牲的精神はラフカディオハーンによって、外国にも伝えられ
ました。
「稲むらの火」ほか津波については防災システム研究所 ↓
http://www.bo-sai.co.jp/inamuranohi.htm

今度の津波では養殖への被害のほかは無かったようですが
過大とも思える予報・警報体制が功を奏したものとしてあまり
苦情は出ませんでしたが、第一波の津波後避難住民が、警
報や避難指示にもかかわらず時を追うにつれて減り出したと
いいます。
危機に関する予測の難しさと住民意識とのギャップという課
題を残しました。

« イリタマモクケヤキ (入玉杢欅) | トップページ | うるか »

人気・話題・社会」カテゴリの記事

コメント

そういえば昨日気象庁が会見をしてましたね。難しいとこですね。危険に対する判断の個人差というのもありますからね。

 何せ海底の地形とか地震発生場所だとかいろんな要素がかかわるので予報という作業は大変だと思います。過大予測であったとかいわれていますが、過大くらいで良いのではと思います。
 今回、避難指示が出たにもかかわらず、避難した方が5%以下だったようですね。しかも第一波が小さいと聞くとすぐに帰る人が多かったようです。
 該当地域の消防団員も大変だったのではないでしょうか。台風23号の時も土嚢を持ってきて欲しいと連絡があってその家に行きましたが、川沿いの家で裏手は濁流。すでに床下浸水なんで土嚢よりもすぐに非難してくれといってもなかなか避難してくれなくて困ったことがありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イリタマモクケヤキ (入玉杢欅) | トップページ | うるか »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ