但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 新聞考 Ⅰ | トップページ | カーリング ワールド »

2010年2月17日 (水)

新聞考 Ⅱ

兵庫県は地方紙神戸新聞があるのですが、発行部数56万
部全県ではシェア約26%でトップを占めていると言います。
全国紙なら、次いで読・朝・日経・毎日の順でしょう。
家庭や生活の中に入り込んでいる新聞ですが、購読紙によ
っておもしろい傾向が出てきます。

朝日、 約803万部大都市圏に強くホワイトカラー層・公務
     員・自称オピニオンリーダーに多いといいます。
産経、 175万部、朝日と対極にあるが如く、産経独特の
     コンサバ系オピニオンや内容を支持する読者です。
読売、 1,000万部超、大衆迎合の最たるもので、ひと頃の
     景品商法はなくなったものの、依然強引な販売で地
     元紙とやり合っています。
毎日、 380万部、記事に署名を入れたりや他メディアとの共
     同で、頑張っていますが読者の減少が止まりません。
日経、 305万部、経済紙として都市部に強く、ビジネスマン
     中心で、各紙が部数を減らすなか伸びています。

人が新聞を「選ぶ」のか新聞が人を「育てる」のか、購読紙
によって、その人のオピニオンが定まってきます。
かくいう私は大昔から朝日ファンですが、会社や図書館など
でどの新聞にも目を通すようにしてます。
Y新聞の拡張員の話ですが、朝日とサンケイ読者は2ヶ月無
料の餌にも食いつかず、ほとんど浮気をしないそうです。
ということで、地元紙神戸と落ち目の毎日が狙われます。

朝日はともかく、数少ないサンケイ読者は信者とも言える高
年層の「コンサバ」が目立ちます。
政権交代直後、同社社会部の選挙取材班が「民主党さんの
思うとおりにはさせないぜ」「産経新聞が初めて下野」などと
ツイッターに書き込んだこともありました。
当地でも、読者のホームページやブログを見ると、政権交代
とその後の政治に対して地団駄踏んでいるのがわかります。
ただ、気になるのは「サンケイ抄」「社説」「正論」からの引用
中心で、「我が意を得たり」とする高年者特有の視野角の狭
さが感じられることです。
それも信者たる所以かも知れません。

アメリカやイギリスと違って日本はどの新聞も「不偏不党」を
社是にして中立を標榜していますが、サンケイの「中立性
」?を見習って独自かつ多様なオピニオンの展開を各紙に
期待したいですね。
以上自称「リベラル」の伊佐屋三木の意見でした。

« 新聞考 Ⅰ | トップページ | カーリング ワールド »

マスコミ・出版」カテゴリの記事

コメント

ははは・・・。
産経は下野後、極端な記事が目立ちますね。

でも、どの新聞も情緒的で庶民迎合的な記事が目立ち、理想とする社会とは政治とはという観点が抜け落ちていて失望すら覚えます。そのため最近は目を通す程度になってしまっています。

いずれにせよ、すでにアメリカの有力紙がそうであるように、新聞も電子化が進むことが予測されるなか、もっと取材力や分析力を磨いてもらわないとこの先思いやられますね。

おもしろい。
非常におもしろい記事ですね。
思わず読み入ってしまいました。

悪循環に嵌っているのでしょうね。
WEBの特性と新聞の特性とは異なるものですし、基本に立ち戻れば自ずと打開策は見えてくるのでしょうが、この世知辛い世の中で時間的なゆとりはなく、ブレーキも踏めず・・・

今朝のサンケイ但馬版にブログ仲間の土建やさん達の農業法人「teams」が載っていましたね。その横の「葬儀のノウハウ・・・」も興味ある記事でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新聞考 Ⅰ | トップページ | カーリング ワールド »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ