但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 囲炉裏と掘りごたつ 養父市 かぐや姫 | トップページ | 但馬ふるさとづくり大学 閉講式 »

2009年12月15日 (火)

我が家のエコグッズ

地球温暖化の一つの対策としてCO2削減が求められ、省
エネ・エコグッズが販売されています。
昨年から実施している我が家のエコグッズは次の2点です。

雪国の省エネパイプ だんらん
P1030413_2 P1030416
いまの掘りごたつに使っている省エネ温風パイプは、フ
ァンヒーターと併せて使うため、灯油は消費しますが、足
下と部屋を同時に暖めるので適度なバランスが保て、電
気代が節約できます。

雪国のエコ「省エネパイプ だんらん」伊佐屋三木のblog 
http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-9924.html

湯たんぽ
P1030418
昭和20年代後半から30年代にかけて、寝るときの暖房は
最初は大きな陶製のコタツに四方から布団を掛けて、家族
で共用したり、ブリキ製の湯たんぽを使っていました。
それ以後豆炭あんかが生まれ、母が豆炭を熾して一人一人
寝る前に持たせてくれました。
次に現れたのが電気あんかで、スイッチ一つで暖かくなるの
は驚きでした。

今とは違い当時の冬は寒く厳しいもので、親たちが子供にか
ける手間は大変だったのです。
ヒビやあかぎれの子供が外から帰ってくると、熱いお湯を金だ
らいに張って、暖めた後薬を塗るのは父の仕事でした。
「貧しくはあってもひもじくはない」「寒く冷たい外も、家の中は
暖かく楽しい」。
趣味や勉強にと親が子にかける今と違い、生きていく上で子
供にかける手間は大変なものだたのでしょう。
そんな昔を懐かしみ、亡くなった親に感謝する歳になりました。
 

« 囲炉裏と掘りごたつ 養父市 かぐや姫 | トップページ | 但馬ふるさとづくり大学 閉講式 »

人気・話題・社会」カテゴリの記事

コメント

なつかしいですね。豆炭のアンカ。僕も使ってました。コタツも練炭で掘ごたつでした。いや~なつかしいですね。今では考えられませんから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 囲炉裏と掘りごたつ 養父市 かぐや姫 | トップページ | 但馬ふるさとづくり大学 閉講式 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ