但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 弥十郎ヶ岳 715m | トップページ | 大晦日 大つごもり »

2009年12月28日 (月)

消える余部鉄橋と列車転落事故

23年前’86年の暮れも押し詰まったの28日でした。
高さ41mの余部鉄橋から列車7両が転落し、鉄橋下のカニ加
工場で働いていた主婦5人と車掌の6人が亡くなりました。

工事が始まる前の余部鉄橋
Img_1245 Img_1259
当時私も家にいて、庭で防雪対策中でしたが、台風並み突風
が吹いて、作業を中止したほどでした。
案の定この事故が起こったわけですが、当時正月向けのお買
い物列車が浜坂駅まで運行されていて、買い物客を降ろした後
待機のために他の駅に引き返す途中の事故だったと記憶して
います。
お座敷仕様の列車だったこともあって、海からの風速33メートル
の突風にあおられ落下したのですが、空から列車が降ってきた
前代未聞の事故でした。

気動車を運転していたのが高校の同級生のK君で、事故後いろ
いろ事情聴取を受けたそうです。
気がつくと後ろの車輌がなかったのは信じられなかったようで
合わせて同僚の車掌もなくしたショックは大変なものだったでし
ょう。

その後風速20メートルを超えると運行停止の新基準が決められ
警戒値を越えると、列車をとめバスによる代替輸送を余儀なくさ
れました。
運行に支障がでることから、コンクリート橋への架け替え工事が
進められ、2010年の完成です。
鉄橋が無くなっても、犠牲者家族の悲しい思いは消えることはな
いでしょうね。

余部鉄橋に関しては  「但馬の百科事典」 
●高さ日本一のトレッスル式鉄橋 
 余部鉄橋は明治45年に完成した日本一の規模を誇るトレッ
スル式鉄橋です。
トレッスル式とは鉄の櫓を組んだ鉄橋のことで、当時の鉄道
院技師古川晴一氏が最新技術で設計し、アメリカの専門家
技師の意見を取り入れて完成しました。
山陰本線最大の難工事で、トレッスル(橋脚部分)の資材は、
アメリカの工場から船で余部まで運び、2年半の歳月と33万
余円の巨費と延べ25万人の人々の手によって完成しました。
海風によって錆びないように特殊ペンキを塗って鉄を保護し
、美しい姿を維持しています。
鉄橋の上を走る列車の窓から眺める日本海は絶景で空中を
走っているかのようです。



 

« 弥十郎ヶ岳 715m | トップページ | 大晦日 大つごもり »

但馬物語」カテゴリの記事

コメント

この事故は衝撃的でしたね。僕が中学生の頃だったと記憶しています。今朝の新聞にも出てましたね。皮肉にもあの事故で余部鉄橋が全国的に知れ渡りました。僕がいた但馬銀行も余部鉄橋で汽車が走っている写真でカレンダーを作っていてプレミアがついたとかなんとか、聞いたことがありました。そういえば年末の大惨事でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弥十郎ヶ岳 715m | トップページ | 大晦日 大つごもり »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ