但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 上高地 涸沢紀行 Ⅰ | トップページ | 劔岳・点の記 豊岡上映です »

2009年10月 3日 (土)

上高地 涸沢紀行 Ⅱ

徳澤園の朝食は7時、これでは遅いので代わりにおにぎり
を頼み、朝6時に早朝出発します。
カツラの紅葉をバックに出発   岩登りの名所屏風岩
P1010556_3 P1010565   
穂高連峰・槍ヶ岳・蝶ヶ岳方面の分岐である横尾で朝食休
憩の後、涸沢目指しますが、あいにく朝からの雨でカッパ
着用です。
そういえば、去年の燕岳登頂でも朝は土砂降りで、二年連
続の雨降りです。
ここから、休憩も含めて約4時間かけて涸沢カールを目指
し、あわよくばザイテングラード経由でさらに穂高岳山荘ま
で足を伸ばす予定ですが、泊まりは涸沢小屋に決めてい
ます。
ガレ場                登山道からカールを望む
P1010588 P1010596
肝心の紅葉ですが、高度1,500mの上高地では少し早い
のですが、2,350mの涸沢では、ちょうど盛り時期で、ダケ
カンバの黄色、ナナカマドの赤、ハイマツの緑、雪渓の白
のコントラトと穂高連峰の山並みが見事です。
涸沢カールと穂高の峰々     涸沢小屋到着            
P1010669 P1010719
涸沢カールの見事な眺めを楽しみながら、山小屋到着の
後、散策組とさらに600m登って穂高を目指す健脚組に分
かれてました。
カール到着時には、雨は止んでいたもののガスが出てだん
だん見通しがきかず、ついにザイテングラード取付きで登り
を断念し、周囲散策に切り替えました。
ザイテングラード(支稜線)     東方向 常念・蝶ヶ岳
P1010739 P1010747_2
取り付きで断念           散策コースの景色
P1010752 P1010772
雨とガスによる悪天候で、さらに上の涸沢岳や穂高の峰
には進めませんでしたが、真っ盛りの紅葉で大満足の2日
目でした。
 

« 上高地 涸沢紀行 Ⅰ | トップページ | 劔岳・点の記 豊岡上映です »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

すごい!
すごい景色ですね。
本当にいい写真ばかりで。
あの白いのは雪なんですか?
雪渓と書かれてましたが。
やはりこっちと山が違いますね。
いろといい形状といい。
気持ちよさが伝わってきますね。

天候が悪くて景色が見えないときは、無理に登る意味はないですね。
縦走で先に行かなければならないときは別ですが。
それでも無理は禁物。
トムラウシの例があるし。
僕は今年の夏は中央アルプス縦走をグループでしましたが、雨にたたられ、かなり無理をし、危ないところでした。
引率をすると責任を痛感します。
氷ノ山と扇ノ山には行っておきたかったなあ。
残念。

涸沢はいいですね~
学生の頃は毎年行ってました。ゴールデンウイークの雪上訓練、夏の縦走、滝谷等の岩登り。特に秋の紅葉は最高ですね。私はここ数年秋の涸沢に思いを募らせております。また写真見せてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上高地 涸沢紀行 Ⅰ | トップページ | 劔岳・点の記 豊岡上映です »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ