但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 江原駅開業100年 | トップページ | 出石軽便鉄道 Ⅰ »

2009年7月15日 (水)

講演会 「考古学から見たアメノヒボコ」

アメノヒボコ(天之日矛、天日槍)は、『古事記』、『日本書
紀』の神話に登場する神で、『日本書紀』では新羅王子と
されます。
但馬の一宮である出石神社の祭神で、泥海であった但
馬を、円山川河口の瀬戸・津居山の間の岩山を開いて
濁流を日本海に流し、肥沃な但馬平野を造った神と伝
えられています。

出石神社 ↓
http://www.norichan.jp/jinja/benkyou/izushi.htm

ヒボコ伝説は播磨・近江・若狭にも残っていて、この地を
経由して但馬に入ったとされています。

先週の日曜に講演会「考古学から見たアメノヒボコ」が開
かれ、参加してきました。
P1000616_2  P1000624
・内容  
Ⅰ.「考古学から見たアメノヒボコ-但馬からの視点-」
  瀬戸谷 晧氏(豊岡市出土文化財管理センター所長)
Ⅱ.「考古学から見たアメノヒボコ-播磨からの視点-」
  亀田 修一氏(岡山理科大学教授)
講演会後、考古博物館長 石野博信氏を交えた対談を行
なわれました。

亀田先生は渡来文化特に朝鮮半島関連の第一人者とし
て、播磨各地に残っている渡来文化の痕跡を中心に話さ
れました。
瀬戸谷先生は教育委員会で考古学研究が長く、但馬の
遺跡遺構の権威で、但馬各地に残されている人名・地名
・遺跡に残された石室や埋葬品などに渡来文化の影響が
 残っていることを話されました。

亀田教授 ↓          瀨戸谷所長 
P1000617 P1000623
このことから但馬各地に弥生・古墳時代に朝鮮半島から
何らかの理由で日本に渡来した集団があり、それが「ア
メノヒボコ」伝説となったことが推測できました。

古事記にはヒボコが日本に渡った理由として、『奢り高ぶ
ったヒボコが、美麗しい妻を罵ったので、「私はあなたの
妻にはふさわしくありません。親の国に帰ります」と言って
小舟に乗って難波の津に逃げてしまったのを反省したヒ
ボコが妻を追って日本へ来た』と書かれています。
今の家庭内暴力・DVが古事記に書かれていて、アメノヒ
ボコが元祖だったのと、勇気ある妻の決断がおもしろい
ですね。
  

« 江原駅開業100年 | トップページ | 出石軽便鉄道 Ⅰ »

文学・歴史・教養・科学」カテゴリの記事

コメント

ちょうど同じ様なお話をこの間の例会で勉強しました。
非常にロマンあふれるお話ですね。
今度九州に行く際には吉野ヶ里遺跡を見てきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江原駅開業100年 | トップページ | 出石軽便鉄道 Ⅰ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ