但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 養父市「伊佐新田開発」 Ⅲ | トップページ | e-tax 加算税 異議申立て »

2009年6月14日 (日)

養父市「伊佐新田開発」 Ⅳ

質草として取り上げた土地を集積して、旧所有者に耕作さ
せ、年貢を収集するのと、これで得た資金を投じて新田開
発を行いさらに財をなすという構図です。
新田開発に成功した商人達は、土地を小作人に預け、米
や麦・大豆を作らせ、年貢や諸経費を差し引いた残りを出
資割合に応じて配分するという寄生地主制が進みました。
寄生地主制の成立とともに、小作農への転落が進み但馬
は県下でも屈指の大地主が存在したといいます。

商人の土地支配進む一方、藩札発行の札元となるものも
あり、竜野屋は手辺の札場を預かっていました。
そういえば、以前郷土史家で藩札を調べられていた豊田
先生から、「龍野屋」と刷られている酒札を見せて頂いた
ことがあります。

ところが、藩主小出家が後継が途絶え断絶となった時、
領内に鬱積していた不満が暴動となって一揆が始まりまし
た。
藩札を発行していた「札元」への銀引き替えの要求による
「うちこわし」、土地を取り上げられた農民による新田地主
への帳面の引き渡しが求められました。
札元竜野屋も襲われて打ち壊され、安良村の出作も襲わ
れています。
この時多くの札元と新田地主が襲われたのは、藩権力を
背景にして農民達を支配してきたことへの恨みが爆発し
たものです。

この結末は、藩を一時的に預かった代官の処置により
一時的に年貢が下げられたりしたが、打ち壊しにあった
札元や新田地主の訴えが取りいれられて、一揆の中心
人物が捕らえられ牢に入れられました。
その後の凶作時には年貢の減免がなされたりして、藩
の施策にも一定の影響を与えたようです。

17世後半からの土地の集積・富の蓄積・藩の商人保護
小作農の増加・重税の苦しみからの一揆そしてご先祖様
の「所業」など、伊佐新田開発を機にいろいろなことを学
ぶことができました。 
 

« 養父市「伊佐新田開発」 Ⅲ | トップページ | e-tax 加算税 異議申立て »

伊佐屋物語」カテゴリの記事

コメント

深いですね。
今の資本主義になぞらえるとまさに
経営側と労働者側の話と言えますね。
ただ決定的な違いは今では身分制度がないことですね。
このシリーズ面白かったです。
また歴史シリーズ楽しみにしています。

何百年か経った後、『伊佐屋三木のブログ』が発見され、平成という時代の世相と小市民の日常生活の貴重な資料になるのか。
『元禄お畳奉行の日記』が日の目を見たように。
それを思うと、京都から寸鉄人を刺す鋭いコメントを送り続けることは、冷静な批評者がいた傍証ともなり、そこに存在意義を確認し続けるとするか。

追伸
年を取り、午前2時半に目が覚め、もう眠れない。
ラジオ深夜便はまだ試していない。
こんなことを書きながら、明日の仕事中、きっと眠くなるだろうなあと心配になる。
まだ眠気は忍び寄ってこない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 養父市「伊佐新田開発」 Ⅲ | トップページ | e-tax 加算税 異議申立て »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ