但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 国府平野 転作ソバ畑の行方 | トップページ | 失言をしないコツ »

2008年12月17日 (水)

邪馬台国時代の但馬 

昨年に続き「但馬ふるさとづくり大学」を受講し、先週第
13回の最終講義が終わりました。
今回のテーマは「邪馬台国時代の但馬」で、講師は、
「兵庫県立考古博物館」館長、石田博信氏です。
Img_6116_2
90分にわたる講義でしたが、三国志時代の中国と歴史
の教科書に出てくる「卑弥呼」の世界が但馬と大きく繋が
ることがわかりました。
邪馬台国の場所は九州説と畿内説があるのは定説です
が、当時大陸に向けて開かれていた表玄関は日本海岸
の地域です。
豊岡市森尾古墳から出土した「三角縁神獣鏡」は青銅製
の鏡のなかで、中国の年代の正始元年(240年)の銘が記
されています。
(女王卑弥呼が魏に使節を送り、金印を授けられたのが
 景初三年 239年)
また、同時に見つかった鏡の一つが1世紀に中国でつくら
れた近畿で最古級の「方格規矩四神鏡」で、以前紹介した
平尾住宅の平尾源太夫氏が保管されています。

魏志倭人伝にある卑弥呼が使いを出したのが239年、使
いの帰国が240年であることから、まさに邪馬台国に関連
する出土品です。

邪馬台国時代から大和時代の遺跡は森尾古墳のほかに
朝来市の若水などの古墳があります。
また、豊岡市出石町袴狭遺跡では3世紀~四世紀頃の
船団を書いた板も出土しています。
この頃の遺跡の出土品として、剣・かんな・鏃(やじり)な
ど鉄製具を多く持っていたことが特徴です。
海の幸と山の幸、自然にあふれた土地柄が多くの人口
を生み、文化を育てているのがわかります。                                                      
山陰とか過疎地・地方などと今は言われて、我々も劣等
感まで感じていますが、古くは大陸文化受入の先進地と
しての歴史と繁栄があったことを忘れないようにします。

ここで学んだことを整理しながら3月の但馬検定への準
備を始めていきます。

« 国府平野 転作ソバ畑の行方 | トップページ | 失言をしないコツ »

但馬物語」カテゴリの記事

コメント

大陸への歴史ロマンを感じずには
いられませんね。
いつもかみさんの実家に帰る時は
吉野ヶ里遺跡を横目に帰りますが
日本海の香りがしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国府平野 転作ソバ畑の行方 | トップページ | 失言をしないコツ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ