但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« フリーソフト 縮小専用。 | トップページ | 柴娘 ハルの冬支度 »

2008年11月24日 (月)

福井市 一乗谷朝倉氏遺跡

越前朝倉氏一乗谷遺跡を訪れました。
養父市八鹿町に「朝倉」という地名がありますが、ここが
越前の大名朝倉氏発祥の地です。
養父郡の一豪族でしたが、主家に従って越前に入国し、
抗争の中で、越前一国を支配する戦国大名として、権勢
をふるいました。
歴史ドラマでもお馴染みのように11代当主義景の時、織
田信長によって滅ぼされてしまいました。
Img_5871_3 
福井市南東一乗谷は、越前の中心として繁栄しましたが
朝倉氏滅亡の際に焼き討ちにあい、灰になってしまいまし
た。
資料によると・・・・
<400年以上もそっくり埋もれて残ってきた日本のポンペイ
 それが戦国大名朝倉氏の城下町遺跡です。
 昭和46年278haが国の特別史跡に指定され、史跡公園と
 して発掘調査と整備が、現在も進められています。
 また、平成3年には諏訪館跡庭園をはじめ4庭園が特別
 名勝に指定されました。
 遺跡は、一乗谷の狭い谷間に広がっており、朝倉氏の館
 群をはじめ、家臣の武家屋敷、寺院、職人や商人の町屋
 が、計画的に作られた道路の両側に所狭しと並んでいた
 ことが発掘調査で明らかとなっています。
 また、東の山上には、福井市全域を一望で
 きる山城「一乗谷城」が築かれ、城下を守っています。>


ボランティアガイド岡田さんの案内で見学しましたが、郷土
の誇る遺跡にかける熱い思いと博識には驚かされました。
朝倉氏のルーツを尋ねて、八鹿町にも2回訪れて郷土史家
宿南保先生とも面識があると仰っていました。
次に東尋坊観光が控えていて、時間が充分に取れなかった
のが残念なくらい立派な遺跡でした。

(社)朝倉氏遺跡保存協会のホームページ 
http://www3.fctv.ne.jp/~asakura

(石垣、土塁、礎石、堀切跡が残っています 

Img_5872 Img_5877
(武家屋敷と町屋再現  ↓ 
Img_5874_2 Img_5890_3
(朝倉家家紋 三盛木瓜(もっこう)と山城一乗谷城址
Img_5896_2 Img_5882_2
(見事な紅葉とボランティアガイドの岡田さん 
Img_5879_2 Img_5880_2   
代々の朝倉氏と領民が100余年をかけて作り上げた城下
町が、数日間の戦闘で灰燼に帰し、400年も経ってから遺
跡復原が始まり、いま数十年の歴史を刻んでいるという時
間の重みを感じさせられます。

« フリーソフト 縮小専用。 | トップページ | 柴娘 ハルの冬支度 »

文学・歴史・教養・科学」カテゴリの記事

コメント

いや~、日本史好きの私にはたまらない
記事です。
朝倉氏が八鹿の朝倉発祥とは知りませんでした。
織田信長に滅ぼされるというくらいしか頭になかったのですが、この写真を見るとロマンを感じずにはいられません。
たまりませんね。
城下町の模型なんかも本当にロマンを感じます。
いやはや、素晴らしいとこにお出かけされてますね。
うらやましいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フリーソフト 縮小専用。 | トップページ | 柴娘 ハルの冬支度 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ