但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 失言4兄弟 | トップページ | 豊岡市政二題 増税 議員定数削減 »

2008年9月29日 (月)

氷ノ山 兵庫県最高峰 1,510m

山歩きを始めて1年あまり、兵庫50山も半分ほど登りまし
たが、何故か県下最高峰である氷ノ山は登っていません。
ラーメンに入ったチャーシューを最後に食べる人と先に食
べる人がいれば、私は多分後者に入ります。
そういう意味で出来るだけ後に延ばしたかったのですが、
山歩きを知って「氷ノ山は登ったの?」と何人かから聞か
れ、やはりまず最高峰にご挨拶をと考え、27日(日)に思
いつきました。
(関宮福定の親水公園にある登山口の案内板  )
 クリックするとルートがわかります。
Photo
(この日は神戸や京都ナンバーが並んでいます  )
Photo_2
コースは親水公園をスタートし、布滝を見ながら地蔵堂経
由、氷ノ山越→=山頂=→神大ヒュッテ→東尾根を下り、
公園着の11.8kmで約6時間半の周回コースです。
登山届けもここで投函し、最高峰に敬意を表しました。
(浜坂出身の登山家加藤文太郎も泊まった地蔵堂 ↓ 
Photo_15
(標高1,250mの氷ノ山越、鉢伏山方面や鳥取若桜か
らの合流地点で、若桜からここを越えて福定に下りて伊
勢に向かう街道だったと記録にある  )
Photo  Photo_2
(山頂付近ブナの原生林  山頂モニュメント  )
登り始めて3時間山頂到着です。

Photo_5  Photo_6
(山頂避難小屋 ↓       神戸の小学生団体 ↓ 
Photo_16  Photo_4
(記念写真 地上との気温差9度さすがに寒い  )
Photo_12 
曇りの予報通り、晴れ間もなく絶えずガスがわいてきて、
眺めには恵まれませんでした。
(鉢伏山方向         鳥取方向 扇ノ山  )
Photo_7  Photo_8
シーズンでもあるので、登山客は多く神戸の小学生団体も
入れて大賑わいの山頂です。
建設時に賛否が分かれた山頂のバイオトイレも、使う側に
なるとありがたいものでした。
避難小屋の数といい、やはりこの山は別格です。
1時間ほどの昼休憩を終え、珍しい高原湿原である「古生
沼」を横目に見て、神大ヒュッテを経由し、東尾根コースを
ひたすら下ります。
登りに比べて、距離が長くだらだらした感じです。
(神大ヒュッテ         千年杉  )
Photo_9  Photo_10
休憩小屋も含めて、避難小屋が7カ所もある山はそう無
いでしょうね。
登山ルートが多いのと登山者も多く、遭難事故も多いこ
とが想像できます。
(標高800m東尾根登山口で、親水公園まで歩きます)
Photo_11  Photo_14
登り始めたのが朝の8時過ぎで、下りたのが3時前でし
た。
所要時間6時間半でした。
もちろん下山届も提出します。
雨もポツポツしてきましたが、まずまずの山歩きでした。
この山はいろいろなルートがあり、雪が降る前にもう一
度訪れたいです。

« 失言4兄弟 | トップページ | 豊岡市政二題 増税 議員定数削減 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

元気に行って来られましたか。
展望がなくて、それだけは残念でしたね。
避難小屋もそんなに増えていましたか。
丹後にいるうちに何とか行きたいと考えています。
僕は、無事、親の仕事を済ませてきました。

やはり道中の写真もですが
山頂からの眺めは特別ですね。
しかし温度差9度は大きいですね。
体調管理も万全にといったとこですね。
いつもながら三木さんの体力には感服します。

東尾根登山口から150m程度は登って見ました。頂上まで行く機会があればぜひいって見たいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 失言4兄弟 | トップページ | 豊岡市政二題 増税 議員定数削減 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ