但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 6月の菜園 | トップページ | 懐かしさと新しさが混在(NGK) »

2008年6月17日 (火)

鮎釣り孝 (ハエ流し)

自宅すぐ近くに円山川が流れていて、上郷橋付近から土居
井堰までが、好漁場として知られています。

(円山川漁協のホームページ ↓ )
http://www.maruyamagawa.jp/

小学校高学年から高校卒業まで、専ら川遊びしかも鮎を中
心とした漁に明け暮れていました。
中学高校時は6月の中間考査中も川に通って、何度も親に
叱られた思い出もあります。
今も鮎釣りは行われていますが、子供期の鮎漁の一年をご
紹介します。

当地では雪国で水温が低く、成長が遅いことから解禁が6月
1日が決まりで、成長も遅く約10センチ程度から始まります。
解禁前の5月始めになると、夕暮れには水面に鮎が飛び始
めます。
それを狙って「ハエ流し」の仕掛けで釣り始めます。
ハエとは当地でジャコの呼び名が一般的でしたが、ハエ(ハ
ヤ・オイカワ)のことで、浮子を付けた5~6本の毛針を流れ
に沿って流して釣り上げます。
もちろん「敵は本能寺にあり」がごとく、狙いは稚鮎なのです
が、解禁前であり「ハエ流し」の名に徹し、鮎が釣れたなどと
公言することはありません。
40~50年前で、子供のやることなので、鬼の監視員さん
も大目に見てくれたのでしょう。

以前触れましたが、鮎は成長に従って餌が変わり、それに
従って生息場所も変わってきますが、それを読んだ人間様
の知恵が漁法の変化となります。
幼少期は川石に生える苔ではなく、水中の羽虫を食べるの
で、流れのある瀬を餌場とします。
それを狙って、羽虫に似せた毛針(擬餌針)を流して釣り上
げる漁がスタートです。
解禁となると、漁具・漁法の制限のないところでは投網など
による漁も行われますが、私の「縄張り」では、「ドブ釣り」
→「友釣り」→「火ぼい(火追い)」→「引掛け」→「ゾロかけ」
と変化して鮎を追いかけます。

次は解禁ご約1ヶ月くらい行われる「ドブ釣り」を紹介します。

« 6月の菜園 | トップページ | 懐かしさと新しさが混在(NGK) »

風物・歳時記」カテゴリの記事

コメント

う~ん、大変に奥が深いですね。
うちの近所はマスだったのでそんなに考えながら、
釣ったことはなかったですね。
鮎、あまごは大変ですね。

「火ぼい」までやっていたのですか。
京都は丹波の鮎の名産地で、伝統漁法として残っています。
やったことがあるならぜひ紹介してください。

僕の田舎でも、鮎はいくらでもいました。
ただ、釣っている人は見なかったなあ。
農作業でそれどころではなかったのだろうか。
浅瀬で魚を追い回し、石の下に隠れた鮎を手つかみで捕ったときは最高でした。

鮎の味はなかなかわかりませんでした。
宴会ではいつも出てきたのですが。
そんなに美味しいとも思わず。
美味しいものを食べなかったからかも。
この年になり、ようやく、少しは、鮎もいいもんだと思えるようになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月の菜園 | トップページ | 懐かしさと新しさが混在(NGK) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ