但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 挑戦者たち(但馬検定2級) | トップページ | 今年もコウノトリ雛誕生です »

2008年3月21日 (金)

コウノトリの巣立ちにかける想い

合併後の3市2町で構成される但馬の中で、豊岡市は人口
半分を占め、中心的な役割を果たしていますが、特徴的な
のは、海・山・川・高原・温泉など自然的要素のほとんどを抱
えていることです。
でもそれは旧1市5町が持っていた要素が集まってできたか
らに他なりません。
その中でもとりわけ独自性があり、話題性があるものが「コ
ウノトリ」にまつわる物語だと思います。
とくに46年ぶりとなった国内での雛の誕生は全国的なニュ
ースになりました。

田圃の真ん中にコウノトリのつがいが巣を作り、抱卵を始め
てから、雛誕生のニュースを喜びました。
雛が誕生すると、次は巣立ちの瞬間を雨の日も風の日も、初
夏から夏の日差しにも負けずにひたすら待ち続けます。
巣立に踏み切らない子に対する父と母の対応の違いなど、ま
るで人間社会さながらのシーンもありました。
今年も同じペアが5個卵を産み、雛誕生とその後の巣立ちを
楽しませてくれるはずです。

以下コウノトリの雛誕生にまつわる話題を「但馬情報特急便」
から転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~報道記者が見たコウノトリの巣立ち~

昨年の夏、但馬のとっておきの話題といえばコウノトリの自
然界での巣立ち。
子供のコウノトリが巣を飛び立とうと身構えては、やっぱり
怖いと躊躇してしまう。
そんな場面が何度となく繰り返され、誰もがやきもきしたの
も記憶に新しいですね。

そんな笑みの漏れそうな場面の裏側では、貴重な一瞬を
逃すまいと、巣立ちまでの長きにわたる時間、その場でず
っと待ち続けた報道記者の方々がいます。
その並外れた忍耐力をもってして、感動の瞬間を世界中
の人々に伝えてくれました。

今回但馬情報特急では、そんな報道記者の方々の苦労
話やエピソード話などをまとめた、取材手記をご紹介して
います。

歴史的な瞬間を目の当たりにしていた報道のプロによる
生の声はたいへん貴重なもの。様々な角度からのコウノ
トリへの思い。

読み応えたっぷりな内容です。どうぞご堪能ください。

■コウノトリにかける想い~報道記者が見たコウノトリ~
 http://www.tajima.or.jp/modules/special/index.php/
kounotori/top.html

« 挑戦者たち(但馬検定2級) | トップページ | 今年もコウノトリ雛誕生です »

但馬物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 挑戦者たち(但馬検定2級) | トップページ | 今年もコウノトリ雛誕生です »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ