但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月27日 (木)

ジャガイモの植え付け作業(芽出し)

春になって冬野菜の片付けが終わって、最初の仕事はジャ
ガイモの植え付けです。
当地では、溝を切って直接植えるのは4月に入ってからが正
解とされています。
あまり早く植えて芽が出た頃に霜が降りると、芽が痛んでし
まうからです。
「八十八夜の別れ霜」というくらい、5月に入るとさすがに降霜
は無くなります。

ジャガイモにはダンシャク系とメークインがあって、煮物やコ
ロッケなど用途に応じて使い分けます。
私は以前からダンシャクとメークインの他に「キタアカリ」という
品種を植えます。
北海道に行くと「栗ジャガ」といってお土産に売っているもので
実が黄色くホクホクした男爵系で美味しく食べられます。

(キタアカリについては 
http://www.potato-koubou.com/kind-kitaakari/

今年は畑の片付けが終わらないので、「芽だし」をしてから植
えることに決め、先週22日にカットしたジャガイモを並べて土
に植え、透明ビニールでトンネルを作りました。

Img_2651
これで4月中旬には芽が出るので、それを今度は畝を作り溝
を切って、植え付けます。
上部には芽が出て、下部には根が出るので確実です。
畑の用意が出来ていない時や確実に芽だししたい時に便利
です。

ジャガイモといえば根野菜として欠かせぬものですが、実は
根ではなく、地下茎を食べるといった方が正解です。
レンコンも同様で、大根やニンジン、里芋や長芋、薩摩芋と
違うところです。
このことは一度でも作った人なら理解できますよ。

2008年3月24日 (月)

「国府ものがたり」が出版されました

今日は郷土の歴史シリーズです。
私の住んでいる国府地区は府中小学校の校区で、住んでい
るところは府市場です。
つまりすべてに但馬の国・国府に縁がある名が、つけられて
います。
校区は13の行政区で構成され、公民館を中心に地域活動が
おこなわれています。
一昨年からふるさとの話や風景をもとに「国府カルタ」を作る
ことが決まり、順番に「伝承を聞く会」が催され、たくさんの話
が得られたことから、本として発行することになりました。
( クリックで拡大されます ↓ 
Photo 
府市場区の紹介では、手辺市・歌舞伎浄瑠璃の手辺座・御
輿や屋台・延命地蔵・たたり田・首切り地蔵などの話が収録
されています。
私は若輩者で昔話をする年代ではありませんが、資料など
物持ちがよいのを見込まれて、区長とともに資料提供など協
力させていただきました。

昨年府中小中学校卒業生で同窓会を開きましたが、ふるさと
への思い入れは強く感じました。
国府に縁のある方は是非一冊お求めください。
内容豊富181ページで、1,000円です。
申し込みは 
http://www3.city.toyooka.lg.jp/kokufuchiku-cc/index.htm

2008年3月22日 (土)

今年もコウノトリ雛誕生です

昨日このブログで昨年のコウノトリ巣立ちに関する記事を
紹介しました。
そのとき「今年も同じペアが卵を5個産み・・」と書きました
が、今日そのうち三羽の雛がかえったのが確認されました。

00885438   神戸新聞記事より 

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000885389.shtml

十数メートル上の巣から、卵の殻を落としたので高所作業
車を使って確認したとあります。
残りの2個は不明ですが、3羽は元気に育って、巣立ちで我
をイライラさせたり、心配させてくれるでしょう。

2008年3月21日 (金)

コウノトリの巣立ちにかける想い

合併後の3市2町で構成される但馬の中で、豊岡市は人口
半分を占め、中心的な役割を果たしていますが、特徴的な
のは、海・山・川・高原・温泉など自然的要素のほとんどを抱
えていることです。
でもそれは旧1市5町が持っていた要素が集まってできたか
らに他なりません。
その中でもとりわけ独自性があり、話題性があるものが「コ
ウノトリ」にまつわる物語だと思います。
とくに46年ぶりとなった国内での雛の誕生は全国的なニュ
ースになりました。

田圃の真ん中にコウノトリのつがいが巣を作り、抱卵を始め
てから、雛誕生のニュースを喜びました。
雛が誕生すると、次は巣立ちの瞬間を雨の日も風の日も、初
夏から夏の日差しにも負けずにひたすら待ち続けます。
巣立に踏み切らない子に対する父と母の対応の違いなど、ま
るで人間社会さながらのシーンもありました。
今年も同じペアが5個卵を産み、雛誕生とその後の巣立ちを
楽しませてくれるはずです。

以下コウノトリの雛誕生にまつわる話題を「但馬情報特急便」
から転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~報道記者が見たコウノトリの巣立ち~

昨年の夏、但馬のとっておきの話題といえばコウノトリの自
然界での巣立ち。
子供のコウノトリが巣を飛び立とうと身構えては、やっぱり
怖いと躊躇してしまう。
そんな場面が何度となく繰り返され、誰もがやきもきしたの
も記憶に新しいですね。

そんな笑みの漏れそうな場面の裏側では、貴重な一瞬を
逃すまいと、巣立ちまでの長きにわたる時間、その場でず
っと待ち続けた報道記者の方々がいます。
その並外れた忍耐力をもってして、感動の瞬間を世界中
の人々に伝えてくれました。

今回但馬情報特急では、そんな報道記者の方々の苦労
話やエピソード話などをまとめた、取材手記をご紹介して
います。

歴史的な瞬間を目の当たりにしていた報道のプロによる
生の声はたいへん貴重なもの。様々な角度からのコウノ
トリへの思い。

読み応えたっぷりな内容です。どうぞご堪能ください。

■コウノトリにかける想い~報道記者が見たコウノトリ~
 http://www.tajima.or.jp/modules/special/index.php/
kounotori/top.html

2008年3月17日 (月)

挑戦者たち(但馬検定2級)

 日曜日に「第二回但馬検定」が実施され、216人が受験し
ました。
今回は昨年の3級合格者を対象に、2級試験に107人、3級
にも109人がチャレンジしてなかなか盛況のようです。
私は2級挑戦者の1人です。
昨年3級を受験し、ふるさとづくり大学の講義を受けたり
自然や文化財・建造物など従来とは違った感じで接するこ
とができ、ふるさとに大いに愛着を感じるようになりました。


(左列2番目 黒い服の髪が黒く見えるおっちゃんが私です
Photo_3

記事にもあるように、なかなか歯ごたえがある問題で、テキ
スト以外から3割くらい出題されました。
出題ジャンルも、自然・歴史・神社寺院・近代化遺産・伝統
芸能・人物・暮らしなど多岐にわたっています。

自己採点では80点中67点で一応合格ですが、13問も間違
えていました。(60点以上が合格)
正式発表は3月末ですが、来年さらに上の1級合格を目指
し「但馬ふるさとづくり講座」の申し込みをしました。

試験問題を以下80問載せているので、チャレンジしてみてく
ださい。 scissors

     

「12.jpg」をダウンロード
「34.jpg」をダウンロード
「56.jpg」をダウンロード 
「78.jpg」をダウンロード
「910.jpg」をダウンロード

正解が知りたい方は 以下に問題番号をメールしてください。
izayamiki@ybb.ne.jp (伊佐屋三木)

2008年3月15日 (土)

但馬の情報誌T2(ティーツー)

先週全戸配布された但馬の情報誌T2(ティーツー)に私の
住んでいる府市場区が紹介されています。

Img_2586

財団法人但馬ふるさとづくり協会が年4回発行し、3市2町
6万世帯に配布されます。
記事は「裏路地探検シリーズ」で但馬国府跡の一つと推定
される府市場の紹介です。
私も案内役として参加しましたが、よくまとまっています。

( クリックするともっと大きく見られます↓ )

但馬の方は実物をご覧下さい。

Fuichibaurarozi




2008年3月13日 (木)

なんと昼間に鹿が

 今日の正午近く仕事で、豊岡病院へ向かっていると田んぼ
で鹿が悠悠と遊んでいました。
思わず車を止めて、パチリ!

Img_2580_2 

山が多い当地は鳥獣被害が深刻な問題となっています。
稲や畑の作物を食べられたり、植林した木の皮を食べら
れたりします。
もっと怖いのは、夜間ですが道路に飛び出して車に衝突
することです。
この被害も結構あります。
車は車輌保険で治りますが、鹿はほとんど事故死します。
狩猟期になると、鹿肉をいただくことがあります。
焼いたりシチューにしますが、指大に切ってタレにつけ込
み燻製にする、「鹿肉ジャーキー」が絶妙の味です。

この鹿がいた場所は、山から少し離れていて、JR山陰線
と市道が並行して走る場所です。
3月に入ってぽかぽか陽気が続き、つい「越境」してきたの
かもしれません。
安芸の宮島や奈良公園で、人に寄ってくる鹿はいますが
車や人を気にせず、悠然としているこやつは子鹿ながら
大物ですね。

Img_2583

2008年3月11日 (火)

ひな飾り

次女が会社からリフレッシュ休暇をもらって、孫娘を連れて
帰郷してきました。
当地では桃の節句は一月遅れの4月に祝うので、昭和50年
長女の初節句に嫁さんの里から贈ってもらったおひな様を女
三人で二時間かけて飾っていました。
3才になった孫娘は女の子らしく飾り付けのお手伝いではし
ゃいでいました。

私たちが子供の頃も大きなおひな様がありましたが、人形の
顔がかけたり、衣装をネズミにかじられたりして、とうとう飾る
のをやめてしまいました。

ところで、飾り付け説明書が二通りあって、お内裏様とおひ
な様の位置が逆になっています。
最近は写真のように向かって左にお内裏様が一般的です。
調べてみると、中国の伝統では、左側(向かって右)に位の
高い人が立ち、天皇の位置もそうなっていて、雛人形もお
内裏様は左側に置きました。
しかし、大正天皇が即位した時は、西洋式に倣って右側に
立ちました。
それ以降は右側にお内裏様を置くことが多くなったとありま
す。
生活の中でも西洋式の男女の位置が一般化しているので
日本人形協会では、協会の標準としたそうです。
そういえば結婚式でも男女の並びはこうなっていますね。

2008年3月10日 (月)

家庭菜園(早春編)

一週前まで雪模様だったのが、にわかに春めいてきました。
特に日曜は気温18度とぽかぽか陽気になり、畑仕事には絶好
の日和で、どこもかしこも農作業風景が見られます。
まずは冬野菜の片付けから始まります。
枯れ枝や支柱や枯れ草に火をつけて燃やします。
野焼きも農作業の残滓の始末は許されています。
一段落すると、今度は天地返しといってスコップで土をひっくり
返します。
土の表層を逆転させることで深耕効果と病害虫の駆除や除草
に役立ちます。
真冬から嫁さんが半分ほどしてくれていたので、案外早く済み
ました。

Photo_2

つづいて冬越しをした野菜の手入れです。
にんにくやエンドウはびっしりと生えた草を取り、最後の肥料
をやって鍬で中耕します。
これが暖かくなるとグーンと効いてきます。
タマネギは穴あきマルチを使っていて、除草は要りません。

Photo_4

春野菜の大変な作業として、エンドウに支柱を立てます。
夏野菜は冬野菜と違って、ほとんどのものが支柱を必要と
します。
杭を打ち、近くの河原で竹を切ってきます。
サヤエンドウの絹さやスナックエンドウ、そして実エンドウの
三種類を作るので、支柱も60本程度使います。

Photo_5

時間が無く来週の作業に延ばしましたが、イチゴのマルチ
かけも必要です。
その前に除草と米ぬかと有機入りの化成肥料を畝の真ん
中と崩した両肩に鍬で混ぜ込み、来週にマルチかけします。
こうしておくと、春が進み気温が上がると花を咲かせゴール
デンウイーク後半には、食べられるようになります。

Photo_6

夏に収穫する野菜は、ジャガイモを三月末に植えるのを除
いて、ほとんど4月末から5月始めにかけて種をまいたり、
苗を買ってきて植えます。
これから1ヶ月はその準備のための土造りが仕事です。

2008年3月 7日 (金)

入札参加資格申請時期です

 今年この時期は兵庫県を始め、各市町で「入札参加資格
審査申請」が集中します。
ここで、申請を済ませておかなければ、今後2年間の入札参
加資格が無くなります。
最近は比較的少額な物件でも一般競争入札が日常化して
いるので、関連業者にとっては大事な作業です。


業務種類は・・・・
①建設工事
②測量建設コンサルタント
③物品の販売
及び役務の提供と分かれています。

当社は③の役務の提供の中で、人材派遣、各種業務の請負
情報処理サービス、調査・集計、パソコン講習などで申請をお
こないます。
平成20・21年度で申請した自治体は、兵庫県、豊岡市・朝来
市、香美町、新温泉町、丹波市、県外では福知山市、京丹後
市の9機関に及びます。(養父市は一年ずれます)

書類は・・・・
①入札審査申請書
②対象業種業務申請
③営業並びに納入実績書
④許可証等
⑤商業登記簿謄本
⑥前年、前々年度決算書
⑦納税証明書(市、及び国)
⑧使用印鑑届
⑨印鑑証明書
などが必要となります。
これらをA4の紙ファイルに綴じて、タイトルや会社名を書い
て提出します。
それぞれの市町が「独自性」を発揮して、提出書類や様式
が違うので、なかなか手間な作業です。
考えてみれば、行政の業務を受注するには当然のことで
ここからまず一歩が始まります。

このあと、予算が付いた入札業務が決定され、資格審査が
あり、厳しい価格競争を経て、受注すれ成功です。
もっともこの先、契約の締結、業務の遂行、完了報告、確
認及び検査を経て、支払いを受けてめでたしめでたしとな
ります。
当社の売上の4分の一は、行政の仕事が占めています。

2008年3月 5日 (水)

書写山(姫路市)

兵庫50山のうちで笠松山(加西市)・高御位山(高砂市)に
次いで三番目に低いのが、圓教寺を擁する書写山です。
一般的に、山の多くにはお宮やお寺があり、そこにいたる
参道がイコール登山道となっています。

書写山も山上には西の比叡山と呼ばれる西国霊場の札所
圓教寺があります。
(書写山圓教寺については ↓ )
http://www.shosha.or.jp/


Photo

書写山はお参りの人も多く、山上近くまでロープウエイが設
置され、誰でもが参拝登山ができるようになっています。
ロープウエイを右に見て、住宅地を抜け山陽自然歩道にな
っている「東坂参道」を選びました。
尾根続きで、見晴らしも良く整備されていて歩き易い道をゆ
っくり登ります。
下には姫路の町並みやお城もはっきりと見渡せます。
2月末で冬型が強まり、播磨北西部には大雪警報が出てい
る日だったので、麓の住宅街から10cm程度の積雪でした。

(麓の雪景色です。 梅の花に雪がつもっています。 ↓ )

Photo_2  Photo_3

岩場にはそう雪もなく、急坂を上り詰めるとロープウエイ山
上駅です。

Photo_4  1 

しんどい思いの代償が片道500円也の節約でした。
拝観料300円を払って、ここからはお参りモードです。
参道を進んでまず驚かされるのが「摩尼殿」です。
雪が積もった上になお雪が降り注ぐ景色は、雪慣れしてい
る私も思わず見とれる風情です。

Photo_5

しばし摩尼殿で時間をとり、自然歩道ともなっている道を進
み、本堂にあたる講堂・食堂・常行堂、そして奥の院に向か
います。
圓教寺開山の性空上人をまつる開山堂軒下にある力士彫刻。
左甚五郎の作と伝えられています。

Img_2368  Img_2367_2   

各所の拝観を済ませ、展望公園でお昼にしました。
雪の中ですが、屋根付きの休憩場所で暖かいお昼を頂き
ました。
公園から瀬戸内の海、淡路島・家島・小豆島・四国も展望
できますが、冬空の雪模様で遙かに霞んでいました。

Photo_6
Photo_7 Img_2358   

冬真っ盛りの2月末かつ積雪の中、団体客を中心にお参り
が多いのに、信仰心の厚さを感じます。

Photo_9

登りの時間が短い分、信仰や修験の場所である数々の塔
頭伽藍を見学し、歴史にも触れることができました。
下りは、同じ道を余裕で降りましたが、登山というよりお参
りと言うべき、宗教的な重みを感じました。

Img_2336   Photo_11

2008年3月 4日 (火)

恒例の蕎麦会(写真はクリックすると拡大します)

8年程前からそば好きが集まってそば会を楽しんでいます。
新そばが収穫され、雪が積もる2月の中旬が開催時期で、但
東町赤花区で収穫された「堂垣そば」と言われる極上のそば
粉を手に入れます。
通常そばの花は白いのですが、ここの地区は名の通り赤い花
が咲くと言います。

早朝からの降雪は20センチを超え、どんどん降り続き、「雪見
そば」日和となりました。
朝の10時頃からめいめいが道具や材料を持ち寄ります。
Nさんは毎年秋に、つなぎに使う山芋(自然薯)を苦労して掘っ
てくれます。
そば会の醍醐味は極上のそば粉を使って、自分たちの手で作
った、打ち立て・湯がきたてを食べることにつきます。

つなぎを使わない十割そばも作りましたが、捏ねたり伸ばした
り切ったり、皆が持ち帰ることなどを考えると小麦粉を2割り
いれる「二八そば」が妥当となりました。
そば粉に小麦粉を、摺りおろした自然薯も加えて適量のお湯
を使い、水回しを経てしっかりとこねます。

(二八そばの作り方でおすすめサイトです。 ↓ )
http://zoukeisya.moo.jp/sobakoubou/teuti/index.htm

Photo
Img_2305 

女性は出汁や薬味、つまみや芋かけご飯の準備など、それぞ
れが役割をもち、正午を目標に働きます。
捏ね上がったそばを今度は、綿棒を使って広く薄くのばしてい
きます。

Photo_2

これがなかなか難しく、しわが寄ったり、破れたりしまます。
のばし終わったそばは切り役がそば包丁を使って切り上げます。
しっかり捏ねていないと切ったときに千切れてしまうのと、切り
が均等でないと、湯がきに差が出て美味しく仕上がりません。
切れ端は油で揚げてつまみにします。

Photo_3
1_3

湯がき役は寒風の中、屋外に出て大鍋にたっぷり湯を沸かし
タイミングをはかって、どんどん湯がきあげていきます。
土産用に持ち帰るものは、湯がかないものを使います。

ひととおり出来上がると大宴会の始まりです。
そばの湯がき汁(そば湯)で割った焼酎が、ことのほか美味し
く感じられます。

Photo_4
1_4

薬味に柚とたっぷりのネギを使い、冷水でしまったそばを一気
にかき込むときは、作るまでの苦労を忘れさせてくれます。
2月にこだわるのは、暇な時期であることと、寒風の中冷水で
締めた歯ごたえのあるそばをコタツで食べる時、何とも言えな
風情を感じるのかも知れません。

捏ね役、のばし役、切り役、湯がき役、食べ役(?)と皆が役割
を分担して、そばもいいけど、この雰囲気が好きですね。
お酒の勢いも手伝ってなめらかに回る舌で、和気藹々、幸せな
一日でした。


Photo_6

今回は拙宅が会場であったこともあり、チーズとネギ入り豆腐
ちくわの薫製を前日に作り、お土産に持って帰って頂きました。

Img_0220 

2008年3月 3日 (月)

ジョウビタキ

我が家の裏庭には実のなる木が植えてあることもあって、小
鳥が遊びに来ます。

P1010006_2 

冬で雪が降り、食べ物がないのか熟した柿を置いておくとジョ
ウビタキが来て実をつついて食べています。
(ジョウビタキについては ↓ )
http://www.onomichi.ne.jp/~eco/wildbird/wb_3_002.html
どうやらこれは雌ですね

P1010003

調子に乗って嫁さんが米糠を置いておいたら、飼い犬のハル
が食べてしまって、おなかを壊して心配させました。

3月の声を聞くと、梅がちらほら咲いてきます。
サクランボやスモモの花が咲く頃になると、メジロが花と花の
間を飛び交ったり、たくさんのミツバチが蜜を取りに集まります。
梅も桜も桃も実をなす為の花は、花だけの木と違って、小振り
で貧相に見えます。
まるで主役は別だと言っているようです。

2008年3月 2日 (日)

雪彦山(姫路市夢前町)

 兵庫県山岳連盟監修の「兵庫50山」を登ることを目標と決
めてから、12番目の雪彦山(858m)に登ってきました。
福岡県の英彦山、新潟県の弥彦山と並んで日本三彦山と呼
ばれ、山伏の修験霊場として有名です。

Photo

登山口にはトイレや駐車場もあり、いきなり登山口からの急坂
の登りにかかります。

Photo_3

木の根や岩場の登りを重ね、展望岩・出雲岩が出現します。
出雲岩はロッククライミングに使われ、ハーケン・カラビナ・ザイ
ルが残っているのが見られます。
狭い岩場を抜けるための鎖も設置してあります。

Photo_4

90分ほどかかって、雪彦山の山頂の一つと言われる大天井
岳858メートルです。

Photo_5

高気圧に覆われ暖かい天気に恵まれ、山頂には10人程度
の愛好家が見られます。
麓の夢前町が一望でき、以前登った七種山、その向こうに笠
形山、位置を変えて六甲の山々も見渡せます。
Photo_7
Photo_9

雪の残る山頂で、ガスコンロで湯を沸かしカップラーメンとスー
プ、コーヒーの昼食を終えましたが、暖かい天気で、下山する
のが惜しいくらいでした。
本来ならこのまま三角点があるもう一つの雪彦山915mを越
え、鉾立山950mまで足を伸ばすコースが理想でしょうが、雪も
多く、一部でアイスバーン状態も予想され、断念しました。
山頂で知り合ったご夫婦が、登りとは別の北側の新下山道を
とることを聞いて、ご一緒させて頂くことにしました。
登りとは違って20~30センチの積雪の中急坂を足跡をたど
って新下山道をひたすら下ります。

Photo_10
1
Photo_11

40分ほど下ると、沢に出て滝を見ながら沢を下ります。
川を渡り急坂を登るとやっと整備された登山道に出て、ロック
クライミングのポイント地蔵岳を展望する地点で休憩です。

Img_2449

雪もなくなった歩きやすい道をひたすら下ると元の登山口に
戻ってきました。
登りは急坂そして岩場、下りは積雪の中の下り、そして整備
された下山道と変化に富んだ山行きを体験することができま
した。
どこの山でもそうですが、休日には必ず仲間がいて、山の名
前やルートを親切に教えてくれます。
今度もほとんどの人が顔見知りで、自然に集まってきている
のが感じられました。
県北部豊岡から来たというと歓迎してくれました。

先月に、50山の笠松山と書写山も登ったのですが、また今後
紹介したいと思います。
これからは畑仕事が待っているので、ペースダウンは避けられ
ませんが、その分近い但馬の山にトライできるのを楽しみにし
ています。

Photo_12

 

2008年3月 1日 (土)

S スーパー G グッド J ジョブ

<S スーパー  グッド  ジョブ>

1日付けの朝日新聞記事の紹介です。
2月8日の衆院予算委員会で共産党志位委員長の派遣労
働問題の追求模様が動画投稿サイトに掲載されて、視聴や
応援の書き込みが爆発的に増えているとあります。
それを称して、SGJと評価しているのです。
多くが派遣で働く若年層によるもので、視聴回数は4万件。
この称賛の動きに、同党でも驚いているようです。

ユーチューブ のサイトです 
http://jp.youtube.com/watch?v=6I_NTfz3RNs


中味は超大手の「グッドウイル」や「フルキャスト」による「日
雇い派遣」の実態を指摘し、政府に派遣法の見直しを含め
て改善を迫ったものです。
「偽装請負」「違法派遣」については、大手派遣業者による
業界イメージを貶めるもので、同業者として腹立たしく思っ
ています。

労働者派遣法が制定され20年を経過し、数度の法改正が
行われ、いろいろ問題が出ています。
単に派遣業者だけを責め立てるのではなく、それを使って
いる大手企業側の責任と行政の怠慢を追求したものとして
50分にわたってこの問題だけを取り上げています。
都市部で大手企業間の事例が中心ですが、派遣労働者に
よる正社員の置き換えの実態は同業ながら考えさせられま
す。
この問題については、今後もいろいろな面で触れてみたいと
思います。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ