但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 蝋梅(ロウバイ)が咲きました | トップページ | 百人一首考(坊主めくり編) »

2008年1月 8日 (火)

朝来山(あさごやま)です

 冬型もすっかりゆるんだ5日、七種山(683m)に続いて
但馬朝来市和田山町の朝来山(757m)登山を思い立ち
ました。

Photo_16

ここは桜の名勝・立雲峡を麓に抱え、対面には、戦国時代
有数の山城竹田城跡や和田山町全景を一望することがで
きます。
登山道は県立南但馬自然学校からのコースもありますが、
今回は立雲峡から愛宕神社を経由するコースを選びました。

Photo_8

岩山が多い北摂や播磨の山とは違い、ジグザク道ですが、
ほとんど土道で登りやすく感じます。
途中作業道から右の登山道を進んだのですが、道を見失
い渋々元に戻って、自然学校の生徒が利用する「むささび
コース」を利用することにします。

Photo_9

登るにつれ対面の竹田城跡や市街地そして但馬の連峰が
見渡せ、結構楽しめます。
竹田城については 但馬辞典
http://www.tajima.or.jp/modules/spot/index.php?mm=inf&journal=430

(壮大な山城 竹田城の石垣がよく分かります  )

Photo_10


思いつくのが遅く、昼前のスタートになったので、1時半過ぎ
景色のいいところで、コンビニで購入したカップヌードルと粉
末スープで昼ご飯。
携帯コンロが役に立ち、食後のコーヒーも楽しめます。

Photo_11

712mの展望台はすぐそこで、天候もまずまずで360度の
パノラマが楽しめました。
展望台から少し登ると山頂で、雪が残っているなかまたまた
セルフ記念写真です。

Photo_12

山頂は全く展望がきかないので、もと来た展望台で大休憩
です。
ここからは西方は須留ケ峰・鉢伏山・氷ノ山、北方には西
床尾山、東床尾山、東には100m高い粟賀山が障害なし
でばっちりと見えます。
南方には逆光の中、段ケ峰や三国岳・千ケ峰が望めます。

(方位盤や全方向の案内板が整備されていて、どこに何が
 あるのかよく分かります  )

Photo_13
Photo_14

(東隣の粟賀山 鉄塔やコンクリート建物が見えます  )

Photo_17 

すばらしい展望を独り占めにするのにも飽きて、もと来た道
を戻ることにしましたが、旧道との出会いで旧道を選んだも
ののまたまた見失ってしまい、Uターンで相当な時間ロスしな
がら夕方5時前に下山しました。(やれやれです)
次は別コースを楽しみながら、再チャレンジしたいような山で
すが、これから本格的な冬を迎える但馬では、雪解けまでそ
の機会は望めないでしょう。
例年のご馳走と酒漬けのお正月から、3日と5日に健康的な
山歩きができたことで、思い出深いものとなりました。
 

« 蝋梅(ロウバイ)が咲きました | トップページ | 百人一首考(坊主めくり編) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

すばらしい眺めですね。
竹田城は一度登ってみたいと前々から思っていますが、なかなか…。

家にいながらにして、但馬他の山々がよくわかりありがとうございます。
今日私も新しい現場で知見~養父市宿南の青山へ抜ける道を歩きました。やっぱり山道はしんどいです。

山登りも大変そうですが、携帯コンロでのコーヒーと昼食、なによりのご馳走のように思えました。
1度経験してみたいなぁー!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蝋梅(ロウバイ)が咲きました | トップページ | 百人一首考(坊主めくり編) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ