但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 柿花火 | トップページ | テンプレートを替えました »

2007年12月20日 (木)

木守柿(子守柿)

 木守柿とは何個か実を残しておき、来年もよく実がつくよう
にと願うのと、小鳥の分をとってあるのだとも言われます。
こちらも俳句の季語として使われます。
「木守=木の精」を敬う点では、前者の方が精神的で後者は
現実的ですね。
我が家の柿も高い所にぽつんと実を残しておきます。
狙い通り、小鳥たちが柿を食べることもありますが、そのまま
落下することが多いように思います。

Img_1384

この頃になると隣に植えている梅の枝の尖ったところに、カ
エルやトカゲを突き刺す「モズの早贄(はやにえ)」も見られる
ようになります。
そうこうしているうちに但馬は本格的な冬を迎えます。

« 柿花火 | トップページ | テンプレートを替えました »

風物・歳時記」カテゴリの記事

コメント

木守柿も柿花火も、知りませんでした。ふ~んです。
柿は子供の頃、おやつ代わりに食べさせられ、腹を下すほど食べ、だから今でもあまり食いたいと思いません。
ただ、50を越えてようやくちょっとぐらいなら、と思えるようになりました。ただ、売っている値段を見ると、「買ってまでは……」と考えてしまいます。
赤く熟して、放置されている柿を見ると、誰かくれないかなあ、なんて思う、丹後の初冬です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柿花火 | トップページ | テンプレートを替えました »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ