但馬情報特急

  • 但馬情報特急
    但馬に関するあらゆる情報が載っています。 最新情報もここから・・・。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します。
フォト

愛犬ハル

  • P1020325
    16年我が家の家族として、楽しませてくれた「晋平」が2005年 3月息を引き取りました。 代わりに今度は女の子を購入しましたが、恐がりで人になつか ないのが困りものです。 春に来たからハルと名付けましたが、血統書付きで本名は 「文美姫号」です。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月24日 (金)

果物ポポーを知っていますか?

私の家に「ポポーの木」があります。2_5
数年前に嫁さんの友達からいただきました。
我が家には食いしん坊な家主の趣味で実の
なる木が多く、葡萄・柿・すもも・梅・スダチ
ゆず・グミ・ナツメ・金柑が植わっています。
一昨年前まで少し実をつけてもいつの間に
か落ちてなくなってしまいましたが、今年は
なんとたくさんの実をつけ今は熟するのを待
っている状態です。
やはり5年くらいたたないと実をつけないの
でしょう。
早速調べてみると・・・・・・
「花は葉の前にチョコレート色をした4枚の
花びらを下向きに咲かせる。実は、アケビ
のような形をした緑色の果実で、追熟させ
ると黄色く濃厚になる」「熟した実はトロピ
カルフルーツ、マンゴーのような感触で、
バナナのような香りがする」とありました。
食べ頃は9月とのこと、今から楽しみにし
ています。(写真をクリックすると大きくなります)
3_2

2007年8月17日 (金)

還暦同窓会

私は昭和22年11月生まれ、日本国憲法施行後の民主日
本の象徴?として生まれました。同時にこの世代は「団塊世
代」とも呼ばれ、何かにつけて話題となります。多分266万
人くらいで小学校も中学校もすし詰め、とくに高校などは
11ホーム×53人定員の超満員状態でした。
2006年の出生数106万7千人と比べるとそのすごさがわ
かります。
生まれた1947年の干支が「丁亥(ひのとい)」であり、60
年後の2007年「丁亥(ひのとい)」になることで、「還暦=暦
が還る」と呼びます。
よく「還暦は満年齢か数えか」と聞かれることがありますが・・
語源由来辞典「還暦」↓
http://gogen-allguide.com/ka/kanreki.html
ということで、昔は長生きの印でもあり、生まれた頃に戻る
といって、赤いちゃんちゃんこなどを着せて祝いました。
最近はこれに抵抗する人が増え、同窓会でも赤の帽子か
Tシャツなどの提案も一蹴されています。
高齢化社会では60歳などはまだまだ子供扱いだとしながら
もひとつの区切りとして、やたら学校時代が懐かしくなります。
明日18日は豊岡高校18期生の「還暦同窓会」が予定され
9月23日には府中小中学校の「還暦同窓会」が開かれます。
高度経済成長、オイルショック、バブル崩壊など、がむしゃら
に生きてきた人生ですが、そろそろ一休みして後ろを振り返
ってもよい歳になったのですね。

2007年8月16日 (木)

豊岡が日本一、38.6度を記録

11日(土)が豊岡の気温が日本一になりました。
以前にも全国一をとったことがあります。
あそこは雪国と違うのか?という声も聞いたことがあります。
最高気温を知ってか知らずか、娘の家族と久美浜に海水浴
に行ってきました。
昔と違って浜茶屋を利用する人は少なく、自前のテントやビ
ーチパラソルで節約する家族が多く見られます。
海にはいると快適で、孫の慈は大喜びで昼寝もせずに水と
砂で戯れていました。
怜お爺さんはお昼のビールが効いて、浜で仰向けになって
昼寝をしてしまい胸と腹がやけど状態になりました。
顔や背中を焼くのはよくあることですが、体の表面にある胸
と腹・太ももに水泡ができ、風呂も冷たいシャワーで済ませ
ています。
38.6度を侮った報いと反省してます。

2007年8月15日 (水)

我が家の守り神(晋平像)

2007_081410001_10
我が家は犬好きで、1代目はコロ(雑種♂)、2代目は晋平
(柴犬雑種♂)そして当代はハル(柴犬純粋種♀)と続いて
います。
365日朝と夕方の二回散歩をさせ、旅行などでも2日と家
を空けることはありません。
晋平は私に男の子が生まれたらつけようと考えていた名で
すが、とうとう犬につけることになってしまいました。
平成元年に家族となってから、16年間にわたって父母や娘
達にもかわいがられてきました。
晩年には下腹部に腫瘍ができたりしましたが、やはり老化で
目や鼻・脚や腰が不自由になり、食べるのも難しくやせ細って
寒い冬の夜に冷たくなっていました。
16年の間一緒に過ごした記念に、友人の石材卸のAさんに
お願いして等身大の像を中国で彫っていただきました。
今は我が家の守り神として玄関に鎮座ましましています。
玄関先にあるのと等身大であるので、来訪者が本物と間違え
て驚かれることがあります。
ある時にはご近所のOさんが門から入ろうとせずに「三木さー
ん!この犬は噛めへんの?」と訊かれたりしました。

2007年8月 3日 (金)

コウノトリ様が日高町にいらっしゃいました

6月中旬の話ですが、私の住んでいるところから1km
ほど西の田んぼの真ん中で囲いを作り、コウノトリの
つがいの飼育が始まりました。
3歳の雄と2歳の雌のベストカップルで、周辺の環境に
慣れさせたあと9月下旬にケージから野外の放つ予定
です。
近くにはすみかとなればと人工巣搭も作られています。
地域は山本区になり、営農組合がコウノトリの生育に
優しい稲づくりに取り組んでいます。
仮の住まいにマイホームそして周りには餌場が作られ
この地への定着に期待しています。
先日自然界で誕生した雛が巣立ちに成功しましたが、
このカップルで産卵→孵化→巣立ちを迎えたいですね。
Img_0003_3

Img_0006_2      

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅神鍋高原

SUZURAN写真館

無料ブログはココログ